ドラクエ10極限攻略データベース

ドラクエ10 禍乱の竜アンテロ

ステータス

◆禍乱の竜アンテロ:HP15万程度
・打撃…守備力500で約760ダメージ
・竜閃砲…前方直線上の全員に約1400ダメージ
・テールスイング…数秒後に周囲広範囲に打撃と同程度のダメージ
・煉獄火炎…前方に約660ダメージ
・破滅の流星…地面が橙色に光った所へ5秒後に大ダメージ
・陣召喚…1〜3個の陣を呼ぶ
※敵の残りHPに応じて呼ぶ数が1個→2個→3個と増加

◆炎禍の陣:大爆炎(敵の周囲に約680の炎ダメージ)
◆風禍の陣:旋風波(対象と周囲に約300の風ダメージ+守備力1段階低下)
◆雷禍の陣:呪雷閃(敵の周囲に約250の雷ダメージ+全属性耐性低下)
※陣はいずれもHP2000。3〜4回行動すると勝手に力尽きる

あると良い耐性

炎ダメージ減、ブレスダメージ減

攻略のポイント

敵は最初は1匹ですが、頻繁に陣を召喚。 陣は普通のモンスターと同様にHPがあり、動いたり攻撃してきます。 倒しても次々に新しい陣を呼ばれるので、呪文や特技の範囲攻撃で陣とアンテロまとめてダメージを与えていくと良いでしょう。
属性が付いた武器だと陣にダメージを軽減されるので、できるだけ無属性の武器で挑むのが得策です。

敵の攻撃はどれも一撃で即死レベルなので、的確に対処していきましょう。
竜閃砲は、普段から味方同士が離れた場所にいれば、まとめて食らうことは少なくなります。 テールスイングは遠くに離れていればダメージを受けないので後衛は常にアンテロから遠ざかっておきましょう。前衛もタイミング次第では逃げれば避けられます。

また、炎渦の陣も大爆炎なども、敵の近くにいなければ避けられます。陣からはできるだけ遠ざかる位置で戦うようにしましょう。

破滅の流星は残りHPが半分を切ると使用。地面が橙色に光ったらそこから逃げて避けましょう。

聖女の守りを使っておけば、致死ダメージを受けても生き残れます。

お勧め構成(サポート仲間でアイテム禁止)

お勧め構成は自分占い師+サポ戦士・戦士・僧侶など。

長期戦になるとMPが足りなくなってしまうので、アイテム縛りの場合は自分で占い師を操作して、節制のタロットでMPを回復しつつ戦う手があります。
全員ブレス耐性があると良いでしょう。占い師はエンゼルスライムで審判・太陽を入れておくといざという時に役立ちます。
終盤に陣を2〜3つ呼ばれる時が一番辛いので、できるだけ手元に塔や死神のタロットを置いておき、範囲攻撃を使うと良いでしょう。

アイテムを使って良いなら、僧侶を操作して、自分僧侶+サポ戦士・戦士・旅芸でもOK。
僧侶は聖女と回復を行います。 味方にたたかいのビートでバイキルトさえかかっていれば、陣が呼ばれても戦士の範囲攻撃ですぐに倒すことができます。 一度でも死んでしまうとバイキルトが消えてしまい、陣を倒すのに時間がかかるようになるので苦戦します。 常に聖女の守りを張り続け、死者が出ないようにしましょう。

お勧め構成(時間制限)

戦士・戦士・占い・僧侶など。
設定タイムはそこまで厳しくありません。プレイヤー4人である程度の火力があれば、倒す速度は意識しなくても普通に倒せれば達成できるでしょう。
プレイヤーが戦士を操作する場合は、陣を呼び始めたときにチャージタックルやたいあたりで妨害できるとかなり楽になります。
僧侶は回復の次に聖女の守りを優先的に使い、味方が死んでバイキルトが途切れないようにしましょう。






ドラクエ10極限攻略データベース