ドラクエ10極限攻略データベース

ドラクエ10 ドラゴンガイア

簡易計算機: 攻撃力 だと通常攻撃で約ダメージ与える/ 守備力 だと通常攻撃で約ダメージ受ける

ステータス

HP:14200程度 攻撃力:600程度 守備力:570程度
行動:2連打撃、激しい雄叫び、もえさかる炎、竜眼

耐性:炎=1倍、氷=1倍、光=1倍、風=0.75倍、雷=1倍、土=0.75倍、闇=1.1倍

敵が使って来る状態異常

はげしい雄叫び(吹っ飛ばし)、竜眼(打撃完全ガードor呪文完全ガード)

攻略のポイント

Ver1.4(最大Lv70)の時に実装されたボス。
通常攻撃は必ず2連撃になっており、2発目は1発目の70%の威力です。 守備力300の人で2発合計380ダメージ程度を受けますので、 後衛が食らうとLv70でも一撃で殺される可能性があります。 前衛が壁役になって後衛を守りましょう。耐えられない場合は、開幕後すぐにやいばくだきやヘナトスで敵の攻撃力を下げましょう。

激しい雄叫びは、敵の前方にいる全員が約250〜300のダメージを受け、吹っ飛ばされます。 用の無い人はなるべく敵に近づかないようにしましょう。 特に回復役がこれを1回でもくらってしまうとかなり厳しいので、 場合によってはやろうとしていた行動をキャンセルしてでも逃げましょう。
雄叫びは敵の後ろには効果が無いので、敵のすぐ近くにいる前衛は、雄叫びが見えたら敵の背中に回り込むと回避できます。 また、はるか後方にいる後衛職に「ツッコミ」を使うことで素早く逃げることでも回避できます。

もえさかる炎は、狙われた人とその周囲が250以上の大ダメージ。 水の羽衣や竜のお守りなどの防具や、ブレスガード錬金の装備を揃えるか、 フバーハや心頭滅却などでダメージを軽減しましょう。

竜眼を使われると、敵が打撃完全ガードか呪文完全ガードの状態になります(呪文ガードは怒り時のみ)。 解除する方法はツメスキルのゴールドフィンガーか賢者の零の洗礼ですが、 打撃完全ガードをされた場合はゴールドフィンガーは無効になるので注意が必要です。

こちらの攻撃手段に関しては、敵の守備力がかなり高いので、打撃で挑む場合はバイキルトが必須です。
お勧め構成は、パラディン・魔法使い・賢者・僧侶などの呪文中心パーティ。
パラディンがヘビーチャージを使って敵と相撲状態を続けることで、敵の行動を封じます。 重さが足りない場合は、他の後衛職も少し押すのを手伝いましょう。但しターンエンドの雄叫びを食らわないよう、数秒押したらすぐに敵から離れること。
魔法職はパラディンの後ろからメラゾーマやドルモーアなどで攻撃。竜眼を使われたら賢者が零の洗礼で消去。慣れたPTなら、僧侶の代わりに賢者を入れれば討伐速度はさらに早まります。
敵が激しい雄叫びを使った場合はパラディンは後衛にツッコミを使うことで敵から遠ざかり、 雄叫びが終わったらすぐにまた敵を押しに戻ります。






ドラクエ10極限攻略データベース