ドラクエ10極限攻略データベース

ドラクエ10 伝説の三悪魔

ステータス

■キングヒドラ HP24000程度、攻868程度、守308程度
連続かみつき…打撃の半分のダメージ攻撃を前方の味方にランダムで6回
火球連弾…約360〜390ダメージの炎ブレスを前方の味方にランダムで5回
しゃくねつ…前方に200ダメージ程度の炎属性ブレス
かがやくいき…怒り時に使用。前方に約250〜280ダメージ程度の氷属性ブレス
アシッドブレス…前方全員の攻撃力と守備力を2段階下げる
ハッピーブレス…周囲の人を約15秒間踊り状態にする
もうどくのきり…前方全員を、5秒ごとに90ダメージの猛毒状態に
はげしいおたけび…周囲に約300ダメージ+必ず吹っ飛び+おびえ。ターンエンドに多く使用
話し合い(通常時)…次に「連続かみつき」「敵全員テンション5UP」のどれか
話し合い(怒り時)…次に「スーパーハイテンション」「テンションバーン」のどれかが出る

■バラモスブロス HP24700程度、攻850程度、守260程度
じゃあくのツメ…通常攻撃の約0.8倍のダメージ×2回+マヒの追加効果
煉獄火炎…前方に350ダメージ程度の炎属性ブレス
イオグランデ…敵の周囲に約250ダメージの光属性呪文
魅了の舞い…敵の周囲全員を魅了状態にする。魅了ガード装備があっても100%でないと避けにくい。ターンエンド時に使用(怒り時も?)
ネクロゴンドの波動…敵の周囲全員に1500〜1600ダメージ+転びの追加効果。直前にジャンプすると回避可能
凍てつく波動…敵前方にいるキャラにかかっている良い効果を消す
光の波動…自分にかかっている悪い効果を消す

■バラモスゾンビ HP23500程度、攻980程度、守388程度 ※3秒ごとに10のHP自然回復あり
輝く息…前方に約250〜280ダメージ程度の氷属性ブレス
ブレイクブレス…前方全員の七属性(火・氷など)の耐性を100%低下
痛恨…1人に約1000のダメージ

各フォースによるダメージ倍率

※キングヒドラは特技を使った人に対してたまに怒り。バラモスゾンビは残りHP50%、25%、10%で怒り。バラモスブロスは残りHP80%、50%、20%程度で怒り。

敵が使って来る状態異常

特に重要…踊り(ハッピーブレス)、 魅了(魅了の舞い)、 マヒ(じゃあくのツメ)

それ以外… どく(猛毒の霧)、 おびえ(激しい雄叫び)、 転び(ネクロゴンドの波動)、 ブレイクブレス(全属性耐性低下)、 アシッドブレス(攻撃・守備2段階低下)

攻略のポイント

3匹が同時に出現する上級者向けのボス。最初はキングヒドラのみが動き、バラモスゾンビが動き出すのは1分後、バラモスブロスはさらにもう1分後(但しダメージを与えると即座に行動開始)。 まずは速攻でキングヒドラを倒すことが重要です。

キングヒドラは、攻撃力の高いパーティなら2分以内の速攻撃破を目指しましょう。 竜王のツメ装備の武闘家2人or1人+バトマスに、魔戦がバイキルト・フォース・フォースブレイクを使い、魔戦は自分でも片手剣か弓で攻撃。 ゾンビが動き出してもできるだけ無視し、ヒドラを倒すことに集中しましょう。 2分以内に倒せないパーティ構成では、攻撃力下げや幻惑などで敵を弱体化させながらヒドラを攻撃。

ヒドラは頻繁に怒り状態になりますが、攻撃力が上がるだけでなく連続かみつきも使うようになるので、すぐにロスアタするのがお勧め。 上級者はヒドラコインの時と同様に後衛職にわざと怒らせたまま前衛が壁をしながら戦えますが、ターンエンドの激しい雄叫びを避けるのは簡単ではないです。 なお攻撃力が182もあればヒドラへのロスアタは必中します。

ヒドラ撃破後は、ブロスとゾンビはどちらも幻惑が効果的。武闘家の花ふぶきやスパスタのスキャンダル・スパークショットなどで常に1匹以上を幻惑状態にしておくと大分楽になります。 ブロスとゾンビどちらから倒すかはパーティ次第。ゾンビの打撃や痛恨が恐くないなら守備力が低めのブロスから。

バラモスブロスのネクロゴンドの波動は絶対に食らってはいけない技。ジャンプで避けましょう。 戦闘中は常にブロスが見えるように位置取り、波動が来たら行動をキャンセルしてでも避けます。 発動タイミングがバラモスと違うので要注意。 手を1回振って即発動するパターンは無く、手を振る回数は5回か7回のどちらか(怒り状態では3回も?)。 早めにジャンプしても無効なので、7回の時はジャンプしながら敵から遠ざかり、波動の届かない位置まで逃げてしまうのが確実です。

この戦いでは全般を通して吹雪・灼熱・火球連弾といったブレス系の攻撃が多いので、ブレスガード装備に心頭滅却を合わせると効果的。 僧侶がフバーハをする暇はほとんどないので、各自で心頭滅却しましょう。 盾を装備できる職は盾と体上で合計60%あれば心頭滅却で100%になります。 また、3匹とも攻撃力下げが高確率で有効、ブロスとゾンビは幻惑もそこそこ有効。 戦士や幻惑職を入れれば敵の打撃攻撃を和らげることもできます。

また、ダメージを与える攻撃以外に状態異常も多彩で厄介。 一応全てキラキラポーンで回避できますが、僧侶1人ではそこまで手が回らない事が多く、 2分以降はブロスの凍てつく波動で消されることも。 前述のブレスガード以外に踊りガードや余裕があればマヒガードの装備があると良いでしょう。

味方の構成は、キングヒドラを速攻する攻撃力に加えて、キラキラポーンやゴールドフィンガーor零の洗礼を使えるように組むと良いでしょう。 ヒドラ速攻撃破を目指す火力の高い「バト(or武闘)・武闘・魔戦・僧侶」型が主流。 武闘家は竜王のツメがドラゴン系に+20%ダメージなので、速攻撃破に効果絶大。 魔戦はバイキ+フォース+フォースブレイク後自分も片手剣か弓で攻撃。フォースはヒドラの次にブロスから倒す場合はダーク、ゾンビから倒す場合はストームを使うと良いでしょう。

攻撃手段は打撃系が中心になりますが、 守備力下げは高確率で効き、フォースブレイクはヒドラにはほぼ必ず、ブロスとゾンビにはたまに有効。 フワフワわたあめか食事でステータスを上げたり、世界樹の葉や勝てそうだったら世界樹のしずく・賢者の聖水なども投入する手もあります。






ドラクエ10極限攻略データベース