ドラクエ10極限攻略データベース

ドラクエ10 キラーマジンガ

※報酬アクセ「アクセルギア」は顔装備で、効果は「行動時6%でターンを消費しない」。合成はターン消費1.5%、ターン消費1%、HP1、HP2、素早さ3、素早さ4を確認。

ステータス

HP:22500程度、攻撃力:950程度、守備力:300程度
矢を放つ…前方の全員に445〜455のダメージ
グランドインパクト…周囲の全員に土属性の約700ダメージ+転び(怒りでは800以上)
凍てつく魔弾…1人に300弱ダメージ+凍てつく波動
切りかかる…1人に約1.0倍攻撃(注)×3回 ※怒り時のみ使用
痛恨…1人に約950ダメージ
リモートリペア…HP1/4の状態で蘇生 ※怒り時は使わない
※呪文・特技を使った人に対してたまに怒り状態になります
※切りかかるの正確なダメージは「通常攻撃の約0.8倍」×3回ですが、怒りで攻撃力が上昇しているため結果的に通常の1倍攻撃と同程度のダメージになります

耐性:(フォースはストームのみ1.1倍)

敵の使ってくる状態異常

・転び(グランドインパクト)

攻略のポイント

キラーマジンガは最初は1匹で出現。戦闘開始から90秒後に2匹目が現れます。 1匹を倒すと、もう片方がたまに「リモートリペア」を使って蘇生を行います。

「矢を放つ」「グランドインパクト」という範囲技があるので、敵に近づく必要のない魔戦・魔使・僧侶などは常に敵から離れておきましょう。 どちらも技の範囲はそう広くなく、前衛も敵が技を使うのを見てから急いで敵から離れれば避けられます。 矢を放つは敵の背後に回って避けるのが楽。受けた場合の最大ダメージは455なので、食らっても確実に耐えるよう、HPは456以上を保っておきましょう。 グランドインパクトは食らうと一撃で死亡ですので必ず避けましょう。

痛恨対策に会心ガードや聖女の守りも欲しい所ですが、 僧侶が1人ではできることに限りがあるので聖女は難しいでしょう。 凍てつく魔弾で補助の効果を消されることもあるので、補助は最小限で。

リモートリペアは、常に構えていればハンマーのキャンセルショットで一応キャンセル可能ですが、タイミングはシビアです。 復活時のHPは6000以下ですので、蘇生されたら急いで倒すという方法でも対処可能です。 スタンショットや一喝があれば、敵が2匹の時や味方が1人死んだときに使うと良いでしょう。

こちらの攻撃手段は打撃でも呪文でもOK。 2匹同時に相手にし続けるのは辛いので、できるだけ早く1匹目を倒すよう、僧侶は1人にして、攻撃力を重視して挑みましょう。

打撃パーティなら、例えばバト(ハンマー+盾)+武闘(ツメ)+魔戦(フォースブレイク)+僧侶など。フォースブレイクは入りやすいです。 バレットハンマーや聖王のツメでマシン系+10%や、輝石のベルトでマシン系+を付ければさらに効率的。 MPはそこまできつくないので、腕装備の錬金は「消費しない」必須ではなく、ヘナトス、ルカニ、会心などでも良いでしょう。ルカニはやや入りにくいようです。 魔戦が怒られた場合は、多少危険ですがロストアタックしないで前衛が壁を維持し続けることでリモートリペアされずに済みます。

呪文パーティなら、例えばパラ(ハンマー)+魔使+魔使+僧侶(or賢者)など。重さは700弱で押し勝てるようです。 怒り状態だとリモートリペアを使わないので、魔方陣を利用して後衛を怒らせ、切りかかる等でパラが死んだらその都度蘇生。 2匹出て来ると少し辛いですが、覚醒メラゾーマ・マヒャデドスでガンガン攻撃すれば1匹目はすぐに倒せます。ヘナトスは入りにくいので速攻重視で。暴走・超暴走魔方陣も使いましょう。






ドラクエ10極限攻略データベース