ドラクエ10極限攻略データベース

闇に堕ちた英雄の幻影

災厄ドレアム | 英雄の幻影 | 覇道の双璧 | 魔幻の覇王軍


◆幻妖の魔勇者 HP:71200程度
・打撃…2連続攻撃+ルカニ+ヘナトス+全属性耐性低下
・ジゴデイン…対象と周囲に約300ダメージ
・幻妖の魔光…前方全員(後方まで届く)に闇属性の約900ダメージ+マヒ
・幻妖の一閃…前方範囲に約500ダメージ+与えるダメージ減
・深淵の戦陣…自分に攻撃時HP回復+攻撃時テンションアップ+周囲の人を吹っ飛ばす+いてつく波動
・絶対零刀…周囲に氷属性の500ダメージ+凍り付き+ボミエ2段階+特技封印
・闇のいなずま…周囲に闇属性の約500ダメージ+マヒ+呪い
・闇の流星…対象と周囲に闇属性の約700ダメージ+感電
 ※感電すると、自分と周囲にHPの5%ダメージを与え続ける
・闇のころも…自分にかかっている悪い効果を消し、40秒間ダメージ2倍+被ダメージ0.75倍
・闇の浄罪…敵2人の悪い効果を消す+テンションリンク
・創生の魔力(紫)…地面に3つの魔法陣を置き、約10秒後に爆発して闇属性の約450ダメージ
・創生の魔力(赤)…地面に3つの魔法陣を置き、約10秒後に爆発してMP約200減(闇属性)
 ※創生の魔力は敵の残りHPが半分以下で使用。陣の色が2種類ある

◆幻妖の黒公子 HP:72500程度
・打撃…2連続攻撃+ルカニ+ヘナトス+全属性耐性低下
・痛恨(怒り時)…前方全員に約600ダメージ
・黒の斬撃…前方全員に打撃の約2.2倍ダメージ(闇属性)+ふっとび
・虚無の剣…前方全員に打撃の約1.5倍ダメージ+いてつく波動
・無我の心…自分の悪い効果を消す+テンション100+こちらが死ぬとテンションアップ
・追憶の呪縛…前方全員にショック(約14秒間動けなくなる)
・鉄壁の盾…30秒間スケープガード+打撃完全ガード
・退魔の盾…30秒間スケープガード+呪文完全ガード
 ※スケープガードはダメージを-100の効果+近くに魔勇者がいるとかばう
・闇のころも…40秒間ダメージ2倍+被ダメージ0.75倍
・冥府の地鳴り…現HPの80%ダメージ+全属性耐性低下+移動速度低下
 ※冥府の地鳴りは敵のHP半分以下の時使用。ジャンプで回避可能

※どちらもおたけび、幻惑、猛毒、転びそこそこ有効。魔勇者は封印と眠りもごくまれに有効
※黒公子は光・闇・雷属性のダメージを0.9倍に軽減

あると良い耐性

・マヒガード、封印ガード(あると良い)
・おびえガード、呪いガード(もしあれば)

攻略法

獄ごとの詳細攻略:一獄 | 二獄 | 三獄

敵は2匹ともHPが減ると行動が変化。魔勇者は創生の魔力を使うので近接攻撃しづらくなり、黒公子は完全ガードがあるので零の洗礼が無いと攻撃しづらいため、 本来どちらから狙うべきかはパーティ編成によって異なるのですが、オートマッチングでは魔勇者から狙う人が多いです。2匹両方に攻撃が分散してしまうのが一番最悪なので、そうならないよう気を付けましょう。

敵は2匹とも範囲攻撃が多く、追加効果で凍てつく波動や属性耐性低下をくらってしまうので、敵に近づく必要のない人はなるべく敵から遠ざかることが重要。
また、魔勇者の「幻妖の魔光」は、狙った人に向けてどこまでも届くビームを放ちます。これで複数人がまとめて殺されるようではまず勝てませんので、魔勇者の方を常に見ておき、敵の向いている方向には絶対に行かないようにしましょう。

敵はどちらも幻惑が効きやすいので、ムチのスパークショットやレンジャーのマヌーサ・暗黒の霧があれば幻惑を狙う価値はあります。旅芸人のゴッドジャグリングや戦士のやいばくだきで攻撃力を下げるのも効果的。また、敵の通常攻撃はどちらも2連続攻撃になっており、守備力400の人で合計580ダメージ程度と、後衛がちょうど死ぬくらいの強さになっています。賢者のいやしの雨を使えば、一撃目と二撃目の間に回復が挟まるので死ぬことが少なくなるでしょう。






ドラクエ10極限攻略データベース