ドラクエ10極限攻略データベース

ドラクエ10 妖魔ジュリアンテ強+呪術師マリーン強 攻略法

妖魔ジュリアンテ強+呪術師マリーン強の攻略法です!最終更新:バージョン1.2

■妖魔ジュリアンテ強+呪術師マリーン強 攻略法
・ジュリアンテ
HP:8700程度 攻撃力:300程度 守備力:260程度
行動:打撃、双竜打ち、零の洗礼、魔女のまなざし、バイキルト、ピオリム

・マリーン
HP:15400程度 攻撃力:610程度 守備力:320程度
行動:打撃、痛恨、ギガントハンマー、いただきボール、いてつく波動、ルカナン、メダパニ、ベホイム

※適正挑戦レベルは60程度。以下はLv60で挑む場合の記述です。

キーエンブレムのストーリーで戦った時と比べると、 バイキルト・ピオリム・ルカナン・メダパニという嫌な行動が増えています。 特にバイキルトが危険で、マリーンにかかると通常攻撃がかなり強力になります。 ジュリアンテにはマホトーンが結構有効なので、マホトーンで封じてしまうと良いでしょう。 バイキルトがかかってしまったら、ツメスキルのゴールドフィンガーやさとりスキルの零の洗礼で打ち消すのも手。
魔女のまなざしは、ほぼ100%魅了の追加効果。「ぐるぐるメガネ」を装備すれば確率を50%軽減できます。 魅了を僧侶などが食らうと回復できなくなるので、すぐに攻撃かツッコミで回復しましょう。

マリーンは通常攻撃も強烈ですが、痛恨では600以上のダメージになります。
盾スキルの会心ガードを使えば防げるので、持っていたら使っておきましょう。
マリーンはスリープダガーでごくまれに寝ますが、成功確率は5%程度なので期待できません。

敵はどちらも「零の洗礼」「凍てつく波動」でこちらの補助呪文をかき消してきますが、頻度は低いです。
これらの技を全員同時に受けないようバラけて戦えるなら、補助呪文はどんどん使いましょう。
ビッグシールドなどガード率が上がる特技も暇があれば使っておくと良いでしょう。
また、即死級の攻撃が多いので、僧侶の天使の守り・聖女の守りもあると役立ちます。

攻撃手段は、マリーンの守備力が高いので、打撃系で攻めるならバイシオンかバイキルトがあると良いでしょう。 魔力覚醒を使える魔法使いの呪文に頼った方が効率は良いかもしれません。
ジュリアンテの方がHPと守備が低く、バイキルトや魅了が厄介なので、ジュリアンテから倒すと良いでしょう。






ドラクエ10極限攻略データベース