ドラクエ10極限攻略データベース

海冥主メイヴ攻略:ゲノムバース対策

ゲノムバースとは

メイヴのバトルで最もギミックの凝っている行動。ゲノムバース使用後の流れは以下の通りです。
  • まずはフィールド上に、メイヴそっくりの「ゲノムデビル」1匹と、青の守護石、黄の守護石が出現
  • 約10秒後、ゲノムデビルが「始原の魔力を練り始めた…!」→「黄(青)なる海冥の浸食!」を順に使用
  • その約10秒後、ゲノムデビルの攻撃が発動し、フィールド上の全員に9999ダメージ×2回
  • 攻撃が発動するとゲノムデビルが消滅し、その約5秒後に守護石も消滅
メイヴの残りHPが85%を切るとたまに使用。くらうと確実に死ぬので、最優先で対策しなければならない技です。なお、この間もメイヴは普通に行動してきます。

ゲノムバースの対策法

2つの守護石のうち、ゲノムデビルが指定した色と同じ色の守護石の周囲が安全地帯となります。 また、守護石は1ダメージ以上与えると壊れ、3秒程度のあいだ安全地帯の効果がフィールド全体となります。全員にためる2回の効果も付きます。

そのため、誰か1人が正しいタイミングで守護石を壊せば、他の人は守護石の近くまで逃げる必要はありません。

石を壊すタイミングはかなりシビアで、ゲノムデビルが屈伸運動を8〜9回した時点で壊せば成功です。7だと早すぎて全体化が終わった後に9999ダメージが来て全滅しますし、 10では敵の技が発動してしまいます。

石を壊す係は、バイキ職が担うのが良いでしょう。 保険として僧侶も石を叩けるよう構えておき、バイキ係が移動中に殺されたなどのアクシデント時に僧侶が叩くというのも効果的です。 バイキ職がカウント8、僧侶が(叩ける余裕がある時のみ)カウント9で叩くようにすれば、バイキ職がカウントを間違えて叩くのが遅れた際の保険にもなりますし、バイキ職の人のプレッシャーも和らいで成功しやすくなるかもしれません。

敵の詠唱開始を見逃したり移動に失敗した場合も即全滅に繋がるので怖いですが、制限時間の厳しいメイヴLv4では必須となるテクニックです。Lv4以外でも、4人全員が狭い安全地帯へ逃げ込むと、そこへショックウェーブや海冥の威圧などを投げ込まれて全滅することもあるので、できるだけ常に全体化を利用して、前衛が石から離れて戦えるようにしましょう。

ためる2回の効果があるからといってむやみに石を叩くのは最悪です。叩くなら必ず正しいタイミングで叩きましょう。
なお、間違った方の石を叩いてもためる2回の効果が得られますが、安全地帯全体化の効果は後から叩いた方のみ有効なので、後から間違った石を叩いて正しい石の全体化の効果を消してしまわないようにも注意。






ドラクエ10極限攻略データベース