ドラクエ10極限攻略データベース

メモ:タロットを操作しながらフィールドも見る〜占い師の戦い方ガイド

タロット操作に慣れよう

占い師のタロットはこれまでの職業とは操作方法が違うので、最初のうちはまずスムーズに操作するのが難しいです。 何度も使っていくうちにだんだん慣れますので、日替わり・週替わり討伐や弱いボスとの戦闘などでどんどん使いましょう。

強いボスと戦う際には、占い師も他職同様に「立ち位置」が重要になります。 敵に狙われた際に逃げるとか、壁に入るとか、範囲攻撃を避けるとか、そういった移動を行いながらタロットを操作するのは簡単ではありません。


※タロットに気を取られていると爆弾などをくらってしまう


最初のうちはタロットカードを見ていると敵の動きまで見るのはなかなか難しいですが、 慣れてくると、あまりカードを見なくても戦えるようになってくるでしょう。

アルカナを覚えよう

コツとしては、モンスターではなくアルカナを見ること。 タロットの絵柄はモンスターが大きく描かれているので、ついそっちを見てしまうのですが、 使用効果は下に書かれた文字、アルカナの方です。



アルカナの名前で効果が分からないと、わざわざカーソルを合わせて効果を見なければいけないので、 フィールドの方に目が届きにくくなります。 自分がデッキに入れたアルカナの効果は、できるだけ覚えておきましょう。

※カーソルを合わせれば説明は見られるが、なるべく見ないで済むようにしたい


なお、アルカナ名の左にある丸の色を見れば、赤は攻撃、青は強化、緑は回復、紫は弱体なので、効果を思い出す手掛かりにしてみて下さい。






ドラクエ10極限攻略データベース