ドルボードグランプリ6分を切るコツ



スポンサーリンク

ドルボードレースのテクニック

第2回ドルボードレースグランプリの攻略テクニックを紹介します。目標タイム6分を切れば今回のドルボードレースの景品を全て取れるので、6分切りを目指して頑張って下さい!

フルチャージは取らなくていい

アイテム「フルチャージ」は、周囲にある地面の緑色に触れればOK。上に浮かんでいるアイテムの絵を取る必要はありません。

▲この辺でも余裕で取れる

ハザードはギリギリまで触れてもセーフ

ハザードは半歩まで内側に入ってもセーフ。(種族によるけど)

人が多いと苦労する

人が多いと自分がどこにいるかよく分からなくなり、思い通りの走行がしづらくなります。

▲プクリポは埋もれる

スポンサーリンク

第2回ドルボードレースのコース解説

第2回ドルボードレースグランプリのコースとなっている4つのマップを順番に紹介していきます。

ドルボードレース:オアシスの隊商宿

第2回ドルボードレースグランプリのスタートは、武器屋を挟んで左と右の2か所にあります。

スタートはわずかに右のが早いと思います。

スタート直後に見えにくい段差があるので、少し左に避けましょう。

最初のチャージを取ったら、しばらくは右の壁際を進み、次のハザードが見えたらハザードのすぐ左を通るコースを通りましょう。

ドルボードレース:カルデア山道

カルデア山道に入ったら、まずは2つのハザードの位置を確認。その間を通りましょう。

1つ目の橋の後と、2つ目の橋の前にフルチャージが落ちています。

2個目のフルチャージは、左側から向かうと岩の影に隠れてるので注意。

3つ目の橋の後は、左と右にコースが分かれますが、右に行った方が楽な気がします。

右に行った場合、アウトコースのすごい変な位置にフルチャージが2個あるので注意。(左下ミニマップ参照)

ドルボードレース:ガタラ原野

だいたい左の壁際を意識しながら進んでいきます。

1つ目のフルチャージを取った後は、階段を上がっていった方がちょっと早いと思います。

左からせり出している岩は、通り過ぎたらすぐに左に寄ります。

ドルボードレース:モガリム街道

最初は直進していきます。フルチャージの左側をかすめながら回収しつつ、さらに奥の左のハザードを見て進みましょう。

坂を登るところでフルチャージが1個ありますが、

次のハザードを左に回ればもう1個フルチャージがあります。

これで後はゴールです。ゴールは坂の上なので視界に入りませんが、左下のミニマップを見ると大体どの辺がゴールかわかると思います。

2回目で5:47が出ました。これでもブースト直後に敵に邪魔されて止まったり、蛇行してしまった部分などあるので、まだまだ短縮余地があります。逆に言えば、6分の目標タイムを切るのは、少なくとも第1回ドルボードレースで目標タイムを切るのよりは簡単だと思います。諦めずに頑張って下さい!


スポンサーリンク

コメント

  1. インベタってどういう意味でしょうか?
    インコースべたべた?

  2. モンスターのポップがあるから
    上のようにキレイに行かないぞ
    たまたま上手くいった成功例だよな

    • ブースト直後に目の前に敵がいて停止させられたり、なんならぶつかって戦闘になっても、6分は切れます。
      今回は慣れればだいぶ余裕があるタイムなのでぜひ頑張って下さい。

      • 本当に「6分」は余裕のあるタイムですか。極めて順調でも6分5秒でした。1度でも、モンスターや岩、倒木にぶつかったり、フルチャージが取れなかったり、と操作ミスがあると、すぐ2,30秒のロスになります。5秒の壁が本当に厚いですよ。

  3. 6分切りかなり楽でしたね〜
    あいのり待っても余裕があったので、取りやすい気がしますね!

  4. 「6分切りは楽」との声が多いですが、相当運が良くても6分14秒が精いっぱいです。原因何ですかね。ブーストの発動タイミングや、コース取りのより詳細な解説がほしいです。

    • 6分を切れない主な原因はコース取りかと。前回は曲がりくねった道もあったのでタイミングを見てブースト発動させるような箇所もあったように思いますが、今回は直線が多いので基本的にチャージ即発動で良いと思います。良いコース取りが出来ていれば、ブーストが切れるころにチャージアイテムが配置されていたりします。人が多いサーバー(番号1桁など)で先を行く人たちを追いかければ、それが良いコース取りになっていると思います。