ガルドドンLv1魔戦おすすめ装備と耐性(パラ魔戦構成)

↓押すとランキングがあがります。1日1クリックお願いします!


ガルドドンLv1攻略おすすめ装備!

この記事では、僕の揃えた装備をもとに、Lv1ガルドドンを倒すためのパラ魔戦構成の装備を紹介します。いちおうLv2以降も見据えたものになっています。

なお、ここに書かれているのは一個人の考察例であり、全てではありません。

では、最初に考え方を説明して、その後に実際の装備を紹介していきます。

この記事は、パラディン入りの構成での魔戦の装備紹介です。パラディンを置かない構成では、魔戦の重さは不要になります。

ガルドドン戦の魔戦の必要攻撃力

ガルドドンは守備力が高いため、魔戦の攻撃力が低いとフォースブレイクが当たらずに属性耐性を下げられないという悲劇が起きます。

Lv3ガルドドンに対して必要な攻撃力(準必中)は「バイキルト後で攻撃力942」です。(Lv1だけなら837、LV2なら889です)

バイキルト後の攻撃力を自分で知る手段はありません。机上で計算しても良いのですが、自分がフィールドでザコ敵と戦闘中にバイキルトして、友達などにパーティー外から「つよさをみる」で見てもらうという手も効果的です。

ガルドドンLv1の準必中837は比較的簡単です。Lv2の準必中889も、気合を入れて装備を整えれば足りるはず。

ガルドドンLv3の準必中942を目指す場合の考え方はこちらでまとめています。

魔戦のガルドドン準必中と攻撃力の下げ方
魔戦のガルドドン準必中 追記:この記事はパラディン+魔戦の構成を前提として書かれた記事です。 朝にガルドドンの準必中攻撃力は941と書いたのですが、942の間違いでした。 お詫びして訂正いたします。 久々にやってしまった。。...

ガルドドン戦の魔戦の重さについて

ガルドドン戦では、魔戦も重さが重要になります。ガルドドン自体の重さはLv1でもLv3でも同じ。「パラディンと合わせて重さ1408以上」を達成できれば、2人でガルドドンを押し返すことができます。こうなると、後衛が超暴走魔法陣などをフルに使って安定的・高効率な攻撃が可能になります。

パラ単独でガルドドンと拮抗するために重さ1140が必要なのですが、もしもパラが1140だと、魔戦は268の重さが必要になります。これを達成するには

  • 足に重さ15×3錬金
  • 剛勇のベルト(合成効果は重さじゃなくてOK)

あたりを付ける必要が出てくるでしょう。

パラが1150ほどあれば魔戦の足は重さ15×2でギリいけるので、数十万の安い装備で済みます。なお、剛勇のベルトの合成効果はは重さではなく攻撃力にしないと、Lv3ガルドドンに対して準必中攻撃力を確保しにくくなります

ガルドドン戦でのHP

ガルドドン戦では、本当はHPは高いほうが良いです。分散する災禍を受ける際の小さな失敗に対して強くなるためです。実際、Lv1とLv2のガルドドンではできるだけHPを上げたほうが良いと思います。

しかしLv3ガルドドンでは災禍のダメージが上がってるのでHPを上げて救済されるケースが小さくなり、むしろHPを諦めて攻撃力を上げないとフォースブレイクが準必中しないので、Lv3ガルドドンではHPを捨てて攻撃力を上げることになります。

HPを上げなくて良いということではありません

ガルドドン戦で魔戦の雷耐性や状態異常は?

ガルドドン戦の魔戦は、雷耐性は不要です(宝珠で積むみたいな、他の何かを犠牲にすることなく詰める分は詰んでも良いですが)。

また状態異常については、急襲ジャンプ時の地雷によるマヒだけは耐性を付けても良いと思います。おぞましいおたけびによる混乱・封印・呪いは、勝てるパーティではくらうことはまずないので、付けなくて良いと思います。

攻撃と重さを両立させる魔戦装備

ということで、以上を踏まえて、僕が今回揃えたガルドドン向けの魔戦装備の紹介です!

「この通りにしたほうが良いよ!」ということではなく、「こんな装備だとステータスはこうなるから、ステータス調整の参考にしてね!」という感じで読んでください

▲バイキルト使用、料理未使用のステータス

これでバトルステーキかバトルパッツァを食べれば、攻撃力889以上と重さ268以上を両方満たし、ガルドドンLv2まで行けるステータスになります。(Lv3については後述)

装備品錬金効果・合成効果上昇余地(バイキ後)
威光弓攻撃錬金+15攻撃力+12
輝晶核なし攻撃力+20
大怪傑のはちまき最大HP+14HP上昇余地
大怪傑の装束上(攻撃呪文ダメージ減)
大怪傑の装束下(マヒガード)
大怪傑のグローブ呪文発動速度
大怪傑のブーツ重さ+46
機神の眼甲ここは自由度高い※HP+10か攻撃+6
竜のうろこ攻撃力+15※攻撃力+14.8
武刃将軍のゆびわバイシ9%、攻撃+2
セトのアンク攻撃力+9
剛勇のベルト攻撃力+12
不思議のカード攻撃力+8、HP+15、重さ+8
大地の大竜玉HP+20※攻撃力+14
ハルファスの紋章攻撃+15
ガナン帝国の勲章HP+6HP上昇余地

セット効果

セットは大怪傑を使っています。セット効果を考えると、

  • 砂海:風光ダメージ20%減
  • 機工博士:コマンド間隔-0.5秒と行動時5%早詠み
  • 大怪傑:必殺チャージ率1%、状態異常成功率10%
  • 神技:特技ダメージ+10、敵を倒すと3%でためる

ということで、ガルドドン戦ではまあ見事にどれも使わないんですよね。マジックルーレットが来たら相撲中に使ってダメージ増+MP全回復がでかいので、大怪傑にしています。ただ、機工博士も悪くないですし、他のもLv1をやる分には致命的な大差とかはないと個人的には思います。

各装備の説明

  • 先に述べた通り、攻撃力と重さの実現を最優先にしています。その中で、ガルドドンLv2までなら攻撃力に少し余裕があるので、竜のうろこと大地の大竜玉を採用することで分散する災禍による事故を減らしています。ガルドドンLv3では竜のうろこ→バトルチョーカー、大地の大竜玉→パワーチャームに換装し、さらに弓の錬金内容を上げて攻撃力を942まで上げます。
  • 首アクセは竜のうろこの他に、金のロザリオも悪くないと思います。災禍が苦手ならうろこ、岩石が苦手なら金ロザって感じでしょうか。
  • 体上は攻撃呪文ダメージ減、体下はマヒガードです。これは万魔の塔用に買ったものがそのまま使えています。万魔の第三は道具使いで行くとラリホーマでキラーパンサーを完封できて強いのですが、二で火力不足になるせいか不人気のようで…。
  • 頭も万魔用のHP+14を転用してます。もっと良い錬金のものにすれば+21とか(理論値で+30)にできます。
  • 機神の眼甲は、死亡時6%聖女のために付けています。実際はダークグラスで攻撃力を上げるか、ネレウスマスクなどでHPを上げるのが良いと思います。
  • ガナン帝国の勲章は単にHPが完成してなくてあと2伸びる余地があります。

とりあえずこんな感じです。不明な点や、ここはこうしたほうが良いよという点などありましたらコメントお待ちしています!

↓ランキングをクリック!

コメント