ドラクエ10極限攻略ブログ

ドラクエ10攻略まとめブログ!初心者からやりこみ人まで対応!攻略、金策、装備、スキルなど

*

高速周回向け!まもまも魔戦パーティでゴレオン将軍を速攻撃破

   

 - アプデ・最新情報, ボス攻略

【お知らせ】ドラクエ10バージョン4.4まとめはこちら!



こちらはゴレオン将軍を速攻で倒す構成です!

初心者さんやサポで倒す場合は以下をご覧ください。

初心者向けゴレオン攻略!サポでも倒せる構成を紹介


パーティ

まも・まも・魔戦・賢者

ドンモグーラ実装時に初めて提唱され、今や定番となっている高速構成です。

ゴレオン将軍速攻撃破の流れ

全体の流れとしてはこんな感じです。

  • デュアルブレイカーで状態異常を入りやすく
  • 鉄甲斬、フォースブレイク、ダークネスショット、レボルスライサーでゴレオンの被ダメージを増加
  • ウォークライでダメージを上げる
  • ライガーとタイガーと後色々投げ込んで一気に倒す

このブログの順位を確認↓


ゴレオン将軍は残りHPが80%を切るとカデスの牢獄を使い、敵が増えたり行動パターンが厄介になります。そこでHPが80%を切る前に準備を整えて、一気にゴレオン将軍の残りHPを削ってしまうというのがこの構成の戦術となります。

続いて、各職業ごとの流れや注意点などをまとめます。

まもの使い

装備で攻撃力を上げ、戦神のベルトで光13%を上乗せするのですが、HPも重要です。

痛恨が1300ダメージに達することもあるので、HPリンクで耐えられるよう、HPは650以上を目指しましょう。バトルステーキで攻撃力とHPを上げるのがお勧め。

コマンドの流れは以下の通りです。

  1. HPリンク
  2. デュアルブレイカーが来たのを確認して鉄甲斬
  3. 牙神昇誕
  4. ウォークライ
  5. フォースブレイクとダークネスショットが入ったらライガークラッシュ(レボルスライサーは賢者が入れるか要確認)
  6. 後はタイガークロー連打

HPリンクは1ターン目から使い、1ターン目の痛恨による事故を低減します。

ダークネスショットが入るまでの間は、タゲられたら後方に下がって壁を成立させることで、賢者にデュアルブレイカーやレボルスライサーなどを撃つ余裕が生まれます。

ゴレオン将軍は、18000弱のダメージを与えるとカデスの牢獄を使用します。攻撃ラッシュをかけている間にカデスの牢獄を使って1ターン無駄にしてくれるのが一番ありがたいので、攻撃ラッシュ開始前に18000ダメージに到達しないよう手加減しましょう。まあ序盤で崩れなければ心配無用だと思います。

魔戦

魔戦は弓を装備します。呪文詠唱速度が上がる弓が最適です。

  1. ライトフォース
  2. まも2人と自分にバイキルト
  3. クロックチャージ
  4. デュアルブレイカーが来たのを確認してフォースブレイク
  5. ダークネスショット
  6. シャイニングボウ
  7. あと少しでごり押しできそうならマダンテ追加

賢者がデュアルブレイカーを入れてからFBとダークネスを撃つことで、耐性低下の成功率を上げます。

クロックチャージは無くても良いですが、ピオリム2段階の効果が意外と大きく、安定度に貢献します。

また、魔戦は狙われたらまもの使いを壁にして下がりましょう。賢者がデュアルブレイカーをする暇を稼げます。

賢者

  1. むげんのさとりを使ってから回復
  2. デュアルブレイカー
  3. 回復しながら隙あらばレボルスライサー・ドルマドン・イオグランデ

デュアルブレイカーのCTが溜まるまでは、賢者は回復です。暇ならいやしの雨などを使って回復を先回りする手も有効。

デュアルブレイカーはみんなが待っているので、CTが溜まったら早めに撃ちましょう。

レボルスライサーは、タゲ下がりができていれば、あるいはゴレオンがカデスの牢獄を使うタイミングで入れる余裕ができるでしょう。しかしダメージ増加の効果は成功しない可能性も高いです。無理に入れることはせず、回復が必要なら回復を優先しましょう。

まとめ

レボルや災禍が入れば1分を切ることもできますが、それらがなくても失敗しなければ安定して2分以内に倒せます。

だいたいカデスの牢獄の次の行動を1回か2回見たくらいで倒せるのですが、そこで鉄球乱舞が来た場合は、スコルパイドの分散する災禍のように、リンクしてない人同士固まってダメージを分散させて耐えましょう。鉄球ぶんまわしは1回なら耐えるので、前衛は避けずに特攻しましょう。


↓この記事が役に立った人はクリック★


スポンサーリンク

関連記事


コメントを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください