ドラクエ10極限攻略ブログ

ドラクエ10攻略まとめブログ!初心者からやりこみ人まで対応!攻略、金策、装備、スキルなど

*

剛勇のベルトの合成効果、お勧めは?

   

 - 初心者向け, 装備

このブログの順位は?↓


剛勇のベルトには、大きく分けて3つの合成効果があります。今回はその中でお勧めの合成効果を紹介します!

剛勇のベルトの合成効果一覧

まず最初に、剛勇のベルトの合成効果を見てみましょう。全部で10種類あります。参考:剛勇のベルト(極限)

 

上記をまとめるとこんな感じになります。

  • 最大HP+1、+2、+3
  • おもさ+1、+2、+3
  • 開戦時20%、25%でヘヴィチャージ
  • 開戦時3%、5%で天使の守り

つまり剛勇のベルトの合成効果は大きく分けると、HP、開戦時天使、重さ系の3種類と考えることができます!

ということで、今回はこの3つについて1つずつ詳しく見ていきます!


HPアップ

※数字が違ってたので訂正しました!

ハイドラベルトは理論値にするとHP+19の効果でした。剛勇のベルトでは、HP理論値は+25となり、これまでよりHPが6アップします!

ドラクエ10のボスの攻撃は、開発側がプレイヤーのHPを観察して、ギリギリ死ぬか死なないかくらいのダメージを設定していることが多いです。そのため、ちょっとのHPアップによって確実に生存できる場面というのが結構あります。

そのため、何も装備していない時に比べてHPが25もアップともなればなおさら効果は抜群です!

よく分からない人は、剛勇のベルトはHP埋めだけ持ってたらとりあえずOKです。できればハイドラベルトからHP+3も伝承したいですね。

スポンサーリンク


HPアップの合成効果は、個人的にはお勧め第1位です。

おすすめ職業:僧侶、賢者、その他メイン火力でない職全般

▲筆者の剛勇のベルト(HP合成)。あとHP+3が1個で完成!

開戦時天使

剛勇のベルトには元々開戦時10%で天使の守りの効果があります。理論値ではこれが25%まで上昇!

天使の守りの効果は僧侶以外には付けにくいので、剛勇のベルトで天使の守りが付くのは大きいです。

ただし、いてつく波動を使ってくる敵に対してはすぐに消されてしまうので、相性は良くないです。また、25%の確率でしか付かないので、確実性は低いです。

また、HP理論値と天使理論値は付ける職業がほぼ一緒なので、両方持っていても片方は使わない可能性があります。

ちなみに合成を開始して早い段階で天使+5%が付いちゃった場合は、もったいないのでそのままにしておいて、残りの2つの枠を欲しい効果で埋めながらどうするか考えるとよいと思います。

開戦時天使の合成効果は、個人的にはお勧め第2位です。

おすすめ職業:僧侶、賢者、その他メイン火力でない職全般


重さ系(ヘヴィチャージ100%)

重さをアップする際は、開戦時ヘヴィチャージがお勧め。剛勇のベルト自体に開戦時50%でヘヴィチャージの効果があるので、25%を2つ付ければ開幕にヘヴィチャージが付く確率は100%に到達します!

開戦時にヘヴィチャージが付けば、パラディンは開幕からいきなり相撲行為を行えるので、敵が押し込んで来るのを防げます。また、90秒以内の戦いなら戦士でも相撲役ができるようになります。

※現在はズッシードの効果は重さ1.5倍、ヘヴィチャージの効果は重さ2.5倍。なので戦士へのズッシードでは押せない敵も、剛勇のベルトを付けた戦士なら押せたりするわけです

20%はかなり付きやすいので、元々の50%+20%+20%で90%まではすぐ行くと思います。残りの1枠には、好きな効果を付けておきましょう。20%が3つでも良いのですが、25%を2つ付ければ1枠余るので、余った枠に重さ+3、HP+3、天使+5%のどれかを付けるのがベストです。

ヘヴィチャージ100%+αの合成効果は、個人的にはお勧め第3位です。

おすすめ職業:相撲役(主にパラディン、場合によっては戦士)

▲筆者の重さベルト。あと25%が1個で完成!

重さ理論値は?

剛勇のベルトの元々の重さは20です。重さで理論値を作ると+33となり、ハイドラベルト理論値の+27より6アップします。

しかしこの6の差が大きくなるケースはあまり無いです。

何故なら、最近パラディンで押す戦術が主流となっているボスはいないためです。また、過去のボスを押す際は、現在はボス実装時より重い鎧が実装されているので、当時重さがギリギリだった人も今では余裕でクリアできるのです。

重さの合成効果は、個人的にはお勧め第4位(最下位)です。

参考:重さチェッカー

まとめ

腰アクセには戦神のベルトがあるので、火力職は全員そちらの方が良いんですよね。

それ以外の職で、HPを上げたい場合におすすめなのが剛勇のベルト。特に回復職と相撲役に関しては、ほぼ必須と考えていいでしょう。

以上、剛勇のベルトのお勧め合成の紹介でした!


この記事が役に立ったら押そう★

スポンサーリンク

関連記事


みんなのコメント
  • ドラクエ10大好きさん より: 2019/01/14(月) 19:13

    ハイドラHP理論って19じゃないでしたっけ?ついでに剛勇のHP理論伝承込みで25じゃないですかね?


    • oteu より: 2019/01/14(月) 19:19

      わーほんとだ!ご指摘ありがとうございます。直しました!


  • ドラクエ10大好きさん より: 2019/01/14(月) 20:17

     リクエストをさっそくご採用くださり、ありがとうございます。悩ましいので大変参考になりました。HP理論値が完成しかかっているので、まずはHP理論値を完成させます。所持枠はキツイですが、天使とヘヴィチャージも考えてみます。将来、スティックに開幕天使の守り〇%が付くかもしれませんし(サービスし過ぎ?)。


  • ドラクエ10大好きさん より: 2019/01/15(火) 00:35

    天使の守りとヘヴィチャージの確率って加算なんですか?バイキルトなんかは別々に発動抽選だったような…


  • ドラクエ10大好きさん より: 2019/01/15(火) 15:57

    どれも全部微妙ですね
    ドールの装備がハイドラベルトから剛勇に変わっただけww
    ハイドラHP伝承の方はHP3が1つは付いてるHP物(321とか)で、
    重さ伝承の方は重さ3かヘビチャ25の重さ系が3つ付いた重さ物で、
    伝承を基準にした2個持っておけば良いんじゃない?
    装備枠も2個のまま変わらないし、現状どっちにしろ倉庫行きで使わないしw
    または、パラする人だけ重さ伝承の重さ、
    僧侶する人だけHP伝承の天使とHP両方、
    それ以外はHP伝承のHPだけ作りたければ作れば良いでしょう
    ハイドラ2種持ってても仕方ないので伝承して入れ替えたい(←結局ここ)
    ハイドラ重さ伝承どうすりゃいいの?(←どうせ使わないから重さ系なんでもいいから3つ付けとけ)


コメントを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください