ドラクエ10極限攻略データベース

ドラクエ10 アトラス

アトラスのステータスと行動

HP:21200 攻撃力:630 守備力:208

◆打撃…守備力300で約240ダメージ
◆痛恨…約630ダメージ(最大660程度)
◆大地の怒り…敵の周囲全員に打撃の1.3倍ダメージ+転び

※属性の弱点や耐性は無し。全て1倍ダメージ

アトラス戦で用意したい耐性装備

転びガード

アトラス攻略のポイント

Ver1.2(最大Lv60)の時に実装されたボス。サポート仲間で行く場合の推奨レベルは65以上。

敵の行動は単調ですが、攻撃力は高いボスです。レベル80以上のプレイヤー4人で行く場合は、報酬のバトルチョーカー目的ならアトラス強を連戦した方が効率は良いでしょう。

敵の攻撃力が高いので、味方がダメージを受けたらすぐに僧侶が回復するようにしましょう。 マヌーサ等で幻惑にすることはできませんが、ヘナトスややいばくだき等の攻撃力下げは低確率で効きますので、攻撃力を下げれば戦いやすくなります。
痛恨の一撃は約600〜660ダメージ程度と即死級のダメージなので、僧侶の「天使の守り」「聖女の守り」か盾スキルの「会心ガード」を使い、即死を防ぎましょう。

敵の重さはそれほど重くなく、重装備の人にヘビーチャージorズッシードをかけるか2人で押せば、押し負けるにしても少しは抑えられます。 アトラスの向いている方向を注意深く観察すれば、次に誰が狙われるかは予想できるので、 狙われた人が後ろに逃げ、他の人がアトラスを押し返しながら攻撃すれば、約15秒の間は敵に攻撃させないこともできます。

大地の怒りに注意

大地の怒りは、周囲全員に打撃の1.3倍ダメージ+転びの効果。 敵が大地の怒りを使い始めたら、すぐに遠くへ逃げれば避けることができます。 攻撃の最中などだと逃げるのが間に合わない場合がありますが、HP300&守備350程度あれば死にはしないので慌てずに。 なお、「転びガード」の錬金を足装備を付けておけば転びませんので、大地の怒りを受けても楽に立て直せるでしょう。

アトラスへの攻撃手段

こちらからの攻撃手段は、呪文系でも物理系でもOK。
アトラスは全ての属性で1倍ダメージを与えることができるので、 魔法使いのメラミ・メラゾーマや賢者のドルクマ・ドルモーアでも攻撃できますし、 バトルマスターや武闘家などの前衛職が物理攻撃でも大ダメージを与えられます。 ただし物理の場合、敵に隣接していると大地の怒りを避けにくいので、転びガード装備は欲しい所です。

サポート仲間でのアトラス攻略

  • お勧め構成例:戦士+魔法戦士+僧侶+僧侶
  • 推奨スペック:HP300以上、前衛は攻撃力280以上、転びガード装備
    • 戦士…やいばくだきで敵の攻撃力を下げながら戦います。片手剣(はやぶさ斬り)+盾(会心ガード)装備か、両手剣(渾身斬り)、オノ(蒼天魔斬)などで攻撃。体当たりでひるませることもできます。
    • 魔法戦士…バイキルトで戦士と魔法戦士の攻撃力をアップ。MPパサーで味方のMPを回復できるので長期戦でも安心です。武器は片手剣+盾装備がベストですが、弓(さみだれ打ち)でも可。
    • 僧侶…僧侶は1人だと回復が間に合わない恐れも。2人いると良いでしょう。1人が回復をしている間にもう1人が補助も担当できます。聖なる祈りで自分の回復を2倍にし、聖女の守りで味方の即死を防ぎ、スクルトで受けるダメージを減らしましょう。






ドラクエ10極限攻略データベース