ドラクエ10極限攻略データベース

ドラクエ10 ベリアル

ベリアルのステータス

HP:26851 攻撃力:728 守備力:212

行動:
打撃…守備力250の人で約300ダメージ
ヘルファイア…対象と周囲に約180ダメージの炎属性ブレス
デスファイア…対象と周囲に約250ダメージの闇属性ブレス
ジゴスパーク…敵の周囲に約200ダメージの雷属性攻撃+マヒ(怒り時、相撲時のみ使用)
イオナズン…敵の周囲に約100ダメージの光属性呪文
イオグランデ…敵の周囲に約200ダメージの光属性呪文
ベホマ…HP9999回復(怒り時のみ使用)

耐性:炎=1倍、氷=1.1倍、光=0.5倍、風=1倍、雷=1倍、土=1.1倍、闇=1倍

ベリアル戦で用意したい耐性装備

  • マヒガード(ジゴスパーク)
  • ブレスガード(ヘルファイア・デスファイア)

ベリアル攻略のポイント

Ver1.3(最大Lv65)の時に実装されたボス。サポート仲間と行くときの推奨レベルは70以上。

5種類の呪文・ブレス攻撃はいずれも200ダメージ程度と強力。 但し一撃で殺されることはないので、敵のベホマに注意すればそこまで怖い敵ではありません。人によってはバズズより楽に倒せるでしょう。

ベリアルの攻撃の避け方

ヘルファイアとデスファイアは、対象者とその周囲全員にブレス系のダメージ。 敵が詠唱を始めたら、狙われた人が他の仲間から遠ざかれば、巻き添えを減らすことができます。

イオナズンとイオグランデは、敵の周囲にいる全員にダメージ。 敵が詠唱を開始したらすぐ敵から離れれば、回避できます。
ジゴスパークも敵の周囲の全員にダメージですが、 こちらは食らうと追加効果で5秒程度マヒ状態で動けなくなります。 マヒ耐性防具を装備するか、僧侶がキラキラポーンを使ってマヒおけば防げます。マヒ状態になってしまった場合は、キアリクやツッコミ等で治せます。

通常攻撃は、守備力200なら約315ダメージ、守備300でも約290ダメージとやや強力です。 HPや守備力の低い後衛職は一撃で殺されないよう頭装備やアクセサリーなどで最大HPを上げておきましょう。

ベリアルのベホマに注意

ベリアルは怒り状態になるとベホマを使い、HPを9999回復してしまいます。
ベリアルが怒る条件は以下の2通り。
  • ベリアルの残りHPが50%と25%を切った時
  • こちらが会心の一撃か呪文暴走を出した時
敵が怒ったら、ベホマを使われる前にすぐにロストアタックで怒りを鎮めましょう。 ベリアルが怒ってから1回目の行動ではベホマは来ないので、余裕はあります。 サポート仲間は、作戦をバッチリがんばれにしておけばロストアタックを使ってくれるでしょう。
なお、魔法使いなどのマホトーンでベホマを封じる手もあります。マホトーンはそこそこ効きやすいです。

ベリアルへの攻撃手段

こちらからの攻撃手段は、物理攻撃でも呪文攻撃でもOK。ベリアルの弱点属性は氷と土ですが、いずれも効果は1.1倍と微差なので気にしなくてもOKです。 但し光属性の攻撃は0.5倍に軽減されてしまうので、 イオ系の呪文や光属性の特技(ギガスラッシュ等)、光属性の武器(残夜の太刀・にちりんのこん等)は絶対に使わないようにしましょう。

サポート仲間でのベリアル攻略

  • お勧め構成例:戦士+魔法戦士+僧侶+僧侶
  • 推奨スペック:HP330以上、前衛は攻撃力280以上、マヒガード装備
    • 戦士…両手剣(渾身斬り)やオノ(蒼天魔斬)などで攻撃。範囲攻撃はできるだけ避けましょう。ベリアルが怒ったらすぐにロストアタックを使用。
    • 魔法戦士…バイキルトで戦士と魔法戦士の攻撃力をアップ。MPパサーで味方のMPを回復できるので長期戦でも安心です。武器は片手剣+盾装備がベストですが、弓(さみだれ打ち)でも可。ベリアルが起った際に、戦士がすぐにロストアタックできない時は魔戦もロストアタックを使用。
    • 僧侶…敵から常に離れ、できるだけ範囲攻撃を受けないようにしましょう。フバーハを使えばデスファイアとヘルファイアのダメージを軽減できます。聖なる祈りで自分の回復を2倍にしてから回復を主に担当しますが、回復の隙を見てフバーハも使ってみましょう。ジゴスパークでマヒしてしまった仲間はキアリクで回復できます。






ドラクエ10極限攻略データベース