ドラクエ10極限攻略データベース

ドラクエ10 キングヒドラ

簡易計算機: 攻撃力 だと通常攻撃で約ダメージ与える/ 守備力 だと通常攻撃で約ダメージ受ける

敵のステータス

※魔法の迷宮の入口で「キングヒドラコイン」か「キングヒドラカード」を使うと登場。

HP36500程度、攻撃力865程度、守備力320程度

行動パターン:
連続かみつき…前方全員に打撃の50%程度の威力の攻撃をランダムに6回
しゃくねつ…前方に200ダメージ程度の炎攻撃
火球連弾…約360〜390ダメージの炎ブレス攻撃をランダム対象に5回
かがやくいき…前方に約250〜280ダメージ程度の吹雪攻撃

アシッドブレス…前方全員の攻撃力と守備力を2段階下げる
ハッピーブレス…周囲の人を100%の確率で踊らせる。キラポンで防御可能
もうどくのきり…前方全員を、3秒ごとに90ダメージの猛毒状態に
はげしいおたけび…周囲に約300ダメージ+ふっとばし+おびえ。ターンエンドにも使用
いてつくはどう…こちらの補助効果をすべて消し去る
話し合い(通常時):スーパーハイテンション、はげしいおたけび、連続かみつきのどれかが出る
話し合い(怒り時):テンションバーン、スーパーハイテンションのどれかが出る

※特技を使用した人に対して怒り状態になることがあります

敵の使って来る状態異常

アシッドブレス(攻撃低下・守備低下)、ハッピーブレス(おどり)、はげしいおたけび(転び+おびえ)

攻略のポイント

バージョン2.1(プレイヤー上限レベル80)の時に実装されたボス。

強力な炎・吹雪と各種ブレスを使ってきます。 炎と吹雪はブレスガード装備やフバーハ・心頭滅却で対応しましょう。 危険なのは、前方全員からランダムに200弱のダメージを6回与えてくる連続かみつきと、 大ダメージとともにふっとばし+おびえ状態になるはげしいおたけび。ふっとんでさらにおびえ状態で1回休みになります。 僧侶は敵に近づかないようにし、絶対にはげしいおたけびで行動不能にならないようにしましょう。

話し合いを始めた時は、テンションバーンやSHTはツメスキルのゴールドフィンガーで消すと楽に戦えます。 但しヒドラが怒ってなければ激しい雄叫びが来る場合もあるので、大勢で近づいて一気に転ばされないようにしましょう。

アシッドブレス、猛毒の霧、ハッピーブレスはキラキラポーンで防御可能。 アシッドブレスで能力を下げられた場合、武闘家なら不撓不屈で回復できます。 猛毒の霧はキアリーや毒消し草でも対応可能。

敵にはルカニは極まれに有効ですが、ヘナトス・眠り・幻惑・混乱は無効あるいはとても効きにくいです。 守備力はそこまで高くないので、バイシオンはあると良いですが必須ではありません。

なお敵は、攻撃対象が近くにいないと連続かみつきを使って来なくなります。 そのため、壁を使った相撲ができるなら、前衛は特技を使わず後衛が後方で特技をたくさん使うことで怒られ、 その後は後衛を狙う敵を残りの3人で壁をして遮り、後衛は常に敵から遠くにいるようにすれば、かみつきを封印することができます。

お勧め構成例は、武闘家2+僧侶2など。前衛は少なくとも1人はゴールドフィンガーを使える職で。
僧侶の片方が怒られて後方へ逃げ、残りの3人が敵と僧侶の間に壁を形成し、押されながらバトルフィールドの外周部分に沿って後退していきます。 敵の守備力は低いのでバイキルト・バイシオンは必須ではありません。但し後衛が怒られる前に特技を使って前衛が怒られないように。






ドラクエ10極限攻略データベース