ドラクエ10極限攻略データベース

ドラクエ10 ドラゴンガイア強

簡易計算機: 攻撃力 だと通常攻撃で約ダメージ与える/ 守備力 だと通常攻撃で約ダメージ受ける

ステータス

HP:27500程度 攻撃力:1000程度 守備力:640程度
行動:2連打撃、もえさかる火炎、はげしいおたけび、竜眼(打撃・呪文・ダメージ完全ガードのどれか)

敵が使って来る状態異常

もえさかる火炎(全属性耐性低下)、はげしいおたけび(ふっとび転倒+ショック)

攻略のポイント

バージョン2.3(プレイヤー上限レベル80)の時に実装されたボス。ドラゴンガイアの上位版です。

もえさかる火炎は600〜640程度のダメージで、さらに全属性耐性低下の追加効果があります。 属性耐性低下状態は2分間続き、その間は炎耐性が-100%の状態になります。 水の羽衣、竜のお守り、ファイアタルトなどによる炎への耐性ももちろんあれば良いですが、 ブレスガード装備や心頭滅却などでブレスを軽減することが重要です。

はげしいおたけびには吹っ飛ばしだけでなくショックの追加効果もあるので、 使われたらすぐに敵から離れるか敵の背後に避難して確実に避けましょう。ダメージは280〜320程度。

竜眼は、通常時は打撃完全ガード(60秒)かダメージ完全ガード+ズッシード(20秒)。怒り時は呪文完全ガードもあります。 竜眼を使った手の光の色が青なら打撃、紫なら呪文、黄色ならダメージです。
ダメージ完全ガードは零の洗礼でも消すことはできません。 但し、ダメージ完全ガード中のガイアには様々な状態異常が効きやすくなります。 この隙に魔法使いがヘナトスを使っておくとかなり戦いやすくなるでしょう。おたけびやパニパニハニーなども稀に有効。

打撃は通常攻撃+0.7倍攻撃の2連撃。2発合わせると守備力500でも640程度のダメージになります。 前衛はファランクスを使えば一撃は耐えられるでしょう。

構成は従来のガイアと同じパラ・賢者・魔使・僧侶でもOK。 敵の攻撃が強いのでパラディンが頻繁に死にます。後衛のうち1名も壁の形成をサポートすると良いでしょう。 但し打撃をもらうと一撃で死ぬので、反撃が来る直前に壁をやめて逃げるか、 死んだらすぐにザオラルなどで起こすようにしましょう。反撃の目安は、敵の直前の行動内容によりますが約15〜20歩。 敵は重くて味方1人では押し返せないので、ステージの外周に沿うように少しずつ後退しながら戦いましょう。






ドラクエ10極限攻略データベース