ドラクエ10極限攻略データベース

スライムジェネラル

スライムジェネラル攻略:目次

スライムジェネラル基本情報

  • HP…55000弱
  • ◆属性ダメージ効果
    0.9倍 1.0倍 1.0倍 1.0倍 1.0倍 1.0倍 0.9倍
  • 用意したい耐性…呪文ダメージ減
  • 報酬アクセは武刃将軍のゆびわ・魔導将軍のゆびわ。アクセが出るときは両方出る。幻界闘士・幻界導師を伝承合成可能。

武刃将軍のゆびわ基礎効果と合成効果

◆基礎効果
・攻撃力+10、さいだいHP+2、攻撃アップ+15秒、行動時3%バイシオン

◆合成効果
・行動時1%、2%、3%でバイシオン
・さいだいHP+1、さいだいHP+2

魔導将軍のゆびわ基礎効果と合成効果

◆基礎効果
・攻撃魔力+10、さいだいHP2、呪文威力アップ+15秒、行動時3%早詠みの杖

◆合成効果
・行動時1%、2%、3%で早詠みの杖
・さいだいHP+1、さいだいHP+2

スライムジェネラルのステータスと行動

敵は最初はスライムジェネラル1匹で出現。たまにスライムジェネラルが仲間呼びで他のスライムを呼び出してきます。

スライムジェネラル

  • 通常攻撃…約400ダメージ
  • イオグランデ…約400ダメージ(怒り時は暴走で約600ダメージ)
  • 痛恨…約1000ダメージ
  • Wアタック…1人に通常攻撃×2回
  • なかま呼び…「スライムベホマズン2匹」か「スライムベホマズン+キングスライム+クイーンスライム」を呼ぶ
  • メテオストライク…地面が赤く光った場所に隕石が落ちて約550ダメージ
  • ジェネラル・ブレイク…対象と周囲に光属性の約800ダメージ
  • スパイラルスラッシュ…前方全員にダメージ
  • ジェネラルプレス…敵の周囲全員に700以上のダメージ
  • ※HPが減ると攻撃行為に反応して激怒
    ※激怒している時は、仲間呼びを使わない

スライムベホマズン

HP:2310
  • 打撃…弱い
  • キングプレス…弱い
  • ベホマズン…全員のHPを9999回復

クイーンスライム

HP:6380
  • マヒャデドス…対象と周囲に約150ダメージ

キングスライム

HP:6170
  • 打撃…約150ダメージ
  • バイキルト
  • いてつくはどう
  • キングプレス…約430ダメージ(怒り時)

スライムジェネラル攻略のポイント

バージョン3.4(プレイヤー上限レベル96)の時に実装されたボス。

中盤以降、スライムジェネラルはジェネラル・ブレイクでグランドクロスのような攻撃をしてきます。食らうと即死級のダメージなので、ジェネラルブレイクが見えたら狙われた人とそれ以外の人が急いで離れ、1人だけがダメージを受けるようにしましょう。ダメージ判定は1回なので、聖女の守りで防げますし、光ダメージ減の装備などを付けておけばダメージを軽減することも可能です。
スパイラルスラッシュは、数秒後に前方にダメージ。技を見てから側面に逃げ込めば避けられます。

仲間呼びの処理方法

スライムジェネラルはたまに仲間を呼んできます。呼ばれた仲間はHPは低いので、スライムジェネラルよりも仲間を先に素早く倒してしまうことが重要となります。
特にキングスライムはバイキルトといてつくはどうという嫌な行動を持っているので、キングスライムが出てきてしまったら優先的に倒しましょう。

スライムベホマズンにはおたけびがたまに効きます。ベホマズンを唱えられてしまってどうしようもない時に、一か八か使ってみる手はあるでしょう。スタンも効くようです。

スライムジェネラルのテンプレ構成例(物理構成)

・戦士+戦士+バイキルト係+僧侶

高速討伐のための構成。バイキルト係は魔法戦士か占い師が一般的で、占い師の方がやや人気が高いようです。パラディンはちゃんと装備を整えていないと押し返せないので注意が必要。参考:重さチェッカー
2人の戦士が交互にスライムジェネラルに真やいばくだきを入れ、敵の攻撃力を下げながら戦います。スライムジェネラルが激怒したら怒られた人は攻撃に参加せず逃げた方が、仲間呼びをされないので安全に倒すことができます。

戦士

戦士は両手剣を装備し、スライムジェネラルが仲間を呼んで来たらビッグバンやぶん回しなどで全体攻撃を行いましょう。 真やいばくだきでスライムジェネラルの攻撃力を下げます。チャージタックルのスタンはたまに効きます。スライムジェネラルのなかま呼びに合わせてチャージタックルを使えば、仲間を呼ばれることを防げることもあります。

なお、スライムジェネラルが激怒したら、戦士のロストブレイクで怒りを鎮めることができます。但しスライムジェネラルは激怒している最中は仲間を呼ばないので、怒られた人が逃げ続けることで逆に安全に討伐も可能。パーティープレーでは怒りは鎮めないのが基本ですが、敵が激怒したらどうするかは事前に確認しておいても良いでしょう。

僧侶

僧侶は聖なる祈りを使った後に、回復しつつ聖女の守りで味方をジェネラルブレイクから守っていきます。 聖女の効果は2分ですが、2分では倒しきれないので、途中で使いなおすことになる点に注意。
途中回復が不要になって暇になったら、天使の守りやスクルト等も使っておいても良いでしょう。

占い師

バイキルト係として1ターン目に力のわたぼうを使用。教皇のカードで全員にリベホイム+スクルトをかけるのも効果的です。
魔法戦士との最大の違いは、敵が複数出てきた時に範囲攻撃ができること。塔のタロットや死神のタロットを多めに持っておきましょう。
バイキ係が占い師の場合は、戦士の装備はフューリーブレードにして、プラズマブレードで炎耐性を下げても良いでしょう。その場合は炎ダメージアップの戦神のベルトを装備するのが望ましいです。

魔法戦士

ダークフォース、バイキルト、フォースブレイクを使用。クロックチャージで戦士のチャージ特技を助けることもできます。装備は遠くから攻撃できる弓を使って、敵の範囲攻撃に巻き込まれないようにするのが良いでしょう。但し範囲攻撃を持っていないのが欠点です。終盤にキングスライムらが呼ばれてしまうとやや苦戦します。

スライムジェネラルのテンプレ構成例(魔法構成)

・パラディン+魔法使い+魔法使い+僧侶

サブキャラや初心者、ボス戦が苦手な人でも魔法使いで参加しやすい構成です。パラディンがスライムジェネラルを押し続け、後ろから魔法陣に乗って魔法使いが呪文で攻撃していきます。

パラディン

この構成の要。ある程度のプレイヤースキルを必要とします。装備はハンマー+盾が良いでしょう。最初にヘヴィチャージを使って、あとはスライムジェネラルを押し続けます。 余裕があればぶきみなひかりやプレートインパクトで攻撃の支援も可能。仲間呼びはキャンセルショットで封じることもたまにできます。
防具やアクセサリーなどで光ダメージ減を装備して、ジェネラルブレイク一発を耐えるようにすると良いでしょう。

魔法使い

攻撃魔力を上げた装備で臨みます。魔力覚醒と早詠みの杖を使い、メラゾーマ・メラガイアーで攻撃していきます。超暴走魔法陣も使いましょう。スライムジェネラルが仲間を呼んだら、マヒャデドスで一掃します。
ぶきみな閃光を使っても良いですが、後半スライムジェネラルに怒られた場合は、絶対に敵に近付かないように。

僧侶

適宜回復を行い、聖女の守りでパラディンを守りましょう。
上手く行けばかなり暇になります。自分が狙われていない状態なら、ぶきみなひかりなどで支援しても良いでしょう。パラディンの壁が外れてしまった場合など、非常時にはかなり忙しくなります。






ドラクエ10極限攻略データベース