ドラクエ10極限攻略データベース

ゲルニック将軍攻略法・智謀の首飾りとお勧めテンプレ構成

ドラクエ10攻略 > ボス攻略 > コインボス > ゲルニック将軍

ゲルニック将軍:目次

ゲルニック将軍

  • 7月12日(木) 6:00に新コインボスとしてゲルニック将軍が実装!
  • オーグリード大陸のふくびきの1等の景品がゲルニックコインに変わりました
  • カジノの景品にゲルニック将軍練習札も追加!カジノコイン100枚で交換できます

ゲルニック戦で装備すべき耐性防具

封印ガード、幻惑ガード、眠りガード、呪文ダメージ減、炎ダメージ軽減
ポイント 封印は特技封印なので、全員必ず100%ガードしておくことが望ましいです。眠りガードや、体上装備の呪文ダメージ減も重要です。

報酬アクセ「智謀の首飾り」と合成効果

  • 智謀の首飾り 攻撃魔力+50
  • 魔王のネックレスを伝承合成可能(バラモス討伐報酬)
  • 合成効果は以下の14種類からランダム
    • 炎の攻撃ダメージ+0.5%、+1%
    • 氷の攻撃ダメージ+0.5%、+1%
    • 風の攻撃ダメージ+0.5%、+1%
    • 雷の攻撃ダメージ+0.5%、+1%
    • 土の攻撃ダメージ+0.5%、+1%
    • 闇の攻撃ダメージ+0.5%、+1%
    • 光の攻撃ダメージ+0.5%、+1%

ゲルニック将軍のステータスと行動

HP:68000程度

ゲルニック将軍の弱点


序盤から使用

  • 神速メラガイアー…前方からランダム対象に約330ダメージを3回
  • 怨嗟の泥沼…約2.5秒ごとにHP最大値の10%と、MP最大値の3%を減らす沼を作る(沼は20秒で消える)
  • 凶鳥のまなざし…前方ランダムに「約290ダメージ+幻惑+特技封印」の攻撃を3回
  • うらみのはどう…対象と周囲に約220ダメージ+眠り+敵に魔力覚醒+守備力2段階上昇
  • 妖鳥のさけび…周囲に約500ダメージ+転倒
ポイント 妖鳥のさけびは、ゲルニックの残りHPが80%以上の時は押し合い反撃(ターンエンド)の時のみ使用。 ゲルニックの残りHPが80%以下になると、通常行動としても使用するようになる。

HPが残り80%以下まで減ると使用

  • おいでなさい…てっこうまじん2匹を呼ぶ+ゲルニックのコマンド間隔短縮
  • 興がそがれた…ゲルニックのコマンド間隔が元に戻る
ポイント ゲルニックは残りHPが80%を切った時に、「おいでなさい→怨嗟の泥沼」の順に行動。
呼び出したてっこうまじん2匹が死ぬと「興がそがれた」が発動。

「興がそがれた」初回発動後に使用

  • テンペスト…ゲルニックの近くにいない人全員に1000以上のダメージ
  • 魔眼砲…前方全員に約580ダメージ
ポイント 1回目の「興がそがれた」が発動した後は、てっこうまじんがいない時に限り「おいでなさい」が来る可能性があり、来た場合は「おいでなさい→怨嗟の泥沼→テンペスト」の順で使用する。
てっこうまじんがいる時は、おいでなさいを飛ばしていきなり「怨嗟の泥沼→テンペスト」の順で使用。
また、魔眼砲が行動に追加。

てっこうまじんのステータスと行動

HP:7000程度
・通常攻撃…守備力500で約300ダメージ
・おうえん…ゲルニックのテンション1段階上昇
・かばう…ゲルニック将軍をかばう
・かぶとわり…通常攻撃+ルカニ
・つうこん…怒り時に使用

ゲルニック将軍攻略のポイント

※情報は随時更新されていきます

最初はゲルニック将軍が1人で出現。たまにてっこうまじん2匹を呼び出します。てっこうまじんを素早く処理できるよう、攻撃役の人は必ず強力な範囲攻撃を持っておきましょう。

ゲルニック将軍の要注意攻撃

ゲルニック将軍の攻撃手段のうち、注意が必要なのは「神速メラガイアー」「妖鳥のさけび」「テンペスト」の3つ。
  • 神速メラガイアーは、ゲルニックが「うらみのはどう」を使って呪文威力を2倍にした後は一撃約650ダメージ×3発という威力になります。うらみのはどうの効果をゴールドフィンガーや零の洗礼で消したり、呪文ダメージ減装備とマジックバリアでダメージを軽減して対処しましょう。
  • 妖鳥の叫びはゲルニック将軍の周囲にいるとダメージを受ける一方、テンペストは敵の近くにいないと即死級ダメージとなります。普段はいつでもゲルニック将軍から離れる準備を身構えながら戦い、テンペストが来る時は急いでゲルニック将軍に近付くという、ダークキングと似たような立ち回りが必要となります。

テンペストの避け方

ゲルニック将軍はテンペストを使う場合、「おいでなさい→怨嗟の泥沼→テンペスト」の順で行動します(初回のみおいでなさい→泥沼のみでテンペストは来ない)。 テンペストは沼の後にしか来ないので、沼が見えたら敵に近付く準備をしておきましょう。

怨嗟の泥沼の対処

怨嗟の泥沼の上にいるとMPをどんどん減らされてしまいますが、テンペストが来た時は沼に逃げ込まなければならないことも多いです。 サポート仲間はテンペストが来ると泥沼があっても関係なくゲルニック将軍の近くに行きますので、賢者の聖水などのMP回復アイテムを持っておくと良いでしょう。

てっこうまじん対策に範囲攻撃を用意

ゲルニック将軍は頻繁にてっこうまじん2匹を呼び出します。これらを素早く倒すには、前衛の範囲攻撃が重要。 両手剣やオノによる範囲攻撃や、占い師・天地雷鳴士などの範囲攻撃を駆使して、てっこうまじんが出てきたらすぐに倒しましょう。

ゲルニック将軍攻略のお勧め構成例

プレイヤー4人で行く場合のお勧め構成例

・(戦士 or まも)+天地+魔戦+賢者
戦士は真やいばくだきやチャージタックルが使え、まもの使いはツメ装備でゴールドフィンガーが使用可能。 ゲルニック戦での前衛としては、どちらも甲乙つけがたいです。
天地雷鳴士はカカロンを呼んだりマジックバリアで呪文ダメージを軽減可能。 賢者がブーメラン+盾装備でデュアルブレイカーを入れ、魔法戦士のダークフォース+フォースブレイクで大ダメージを与えていきましょう。

耐性防具が揃っていない場合は、賢者を僧侶に変えて、キラキラポーンを使う手もあります。

上級者プレイヤー4人で行く高速周回用構成例

・まも+まも+魔戦+賢者

サポート仲間と行く場合のお勧め構成例

・戦士+戦士+バイキ回復職(扇旅芸or扇天地or占い)+回復職(僧侶or賢者)

戦士は両手剣装備で、普段は渾身斬りや全身全霊斬りを使い、てっこうまじんが来たらぶんまわしやビッグバンを使いましょう。オノでもOK。
※バイキ職に回復や蘇生がないと、僧侶が死んだ時のリスクが大きくなります
※回復役は僧侶でも良いですが、僧侶の代わりに賢者を入れるときせきの雨で敵の多段攻撃を耐えたり、零の洗礼でゲルニックの魔力覚醒や守備力上昇を消せます





ドラクエ10極限攻略データベース