ドラクエ10極限攻略データベース

ドラクエ10 3DSお出かけツールとダブルすれちがいについて

スポンサーリンク

■3DSお出かけツールのダウンロード
3DSの電源を入れて、最初の画面で「ニンテンドーイーショップ」を選択。
「本体の更新」をするよう言われたら本体を更新して、再度イーショップを選びましょう。
そこで「設定・その他」を選んで、「ソフトの引換」を行います。
公式サイトの解説はここの一番下にあります。

全て終わると、3DSのトップページに「冒険者のお出かけツール」が追加されます。

■ダブルすれちがいについて
3DSで「冒険者のお出かけツール」を使っている人同士がすれ違い通信をして、
さらにゲーム内でもすれ違うと「ダブルすれちがい」が達成され、1ポイントが入ります。
現在は10ポイントでゴールドストーン3個、20ポイントでちいさなメダルが手に入ります。

すれ違い通信したら、Wi-Fi接続環境のある場所で「冒険者のお出かけツール」を起動し、
データを送信します。公式サイトの説明はここの一番下にあります(さっきと違うページ)
この時、既にWiiの方でログインしているとエラーが出るようです。
ゲームをいったん終了してログアウトしてから、データを送信しましょう。
また、送信する人数が20人以上だとエラーが出る場合があります。
3DS内では「すれちがったひとリスト」に30人、「思い出のひとリスト」に20人の合計50人まで保存できますが、
少し人数を減らして再挑戦してみると良いかもしれません。
筆者の経験では30人だと送れず、24人まで減らしたら送れたこともありました。

なお、データの送信は上書きされますので、
10人とすれ違ってデータを送信した後、さらに5人とすれ違ってデータを送信する場合、
計15人を3DS内に残した状態でデータを送信すれば15人分が送信できますが、
3DS内で10人を消去して5人分のデータのみを送信すると、サーバーには5人分の情報しか残りません。

■すれちがいのコツ
2012年9月現在、サーバー19とサーバー20がすれちがい希望者向けのサーバーになっています。
ドラクエ10内でこのどちらかにいると、3DSですれ違った人とすれ違いやすいでしょう。

3DSの方で設定できるコメント欄で、サーバー名や時間・場所を指定するとすれ違いやすいです。
例えば「サーバー19」「グレン城」「城下町」など。
あらかじめ用意された言葉しか選べないので表現が難しいのですが、
「ねぐら」を「宿屋前」という意味で使ったり、「9月」を「夜9時」の意味で使う人もいるようです。
また、東日本の人はサーバー19、西日本の人はサーバー20を使う傾向があるようです。

 

ドラクエ1 | ドラクエ2 | ドラクエ3 | ドラクエ4 | ドラクエ5 | ドラクエ6 | ドラクエ7 | ドラクエ8 | ドラクエ9 | ドラクエ10 | ドラクエ11 | ドラクエ10ブログ