ドラクエ10極限攻略データベース

ドラクエ10 耐性の仕組みについて

耐性の考え方や計算方法について

スポンサーリンク

耐性とは

ある特殊な攻撃方法・属性に対して、ダメージを軽減する能力のことです。 例えば「炎ダメージ10%減」という耐性を持っていれば、 炎系の攻撃を受けた際に受けるダメージが10%減ります。
属性には炎氷風光土闇雷の7種類があり、攻撃方法には呪文・ブレスや火炎斬り等の特技などがあります。

↓攻撃方法\属性→
呪文メラ系ヒャド系バギ系イオ系ジバリア系ドルマ系デイン系
ブレス火の息など冷たい息など ひかりのブレスサンドブレスやみのブレス 

耐性の獲得方法

耐性を得るには、防具・呪文特技・料理・達人のオーブなどの方法があります。

※各種族ごとの%耐性はVer3.2から廃止されました。(Ver2.0までは20%、Ver2.1から2%)
オーガ=火、ウェディ=氷、エルフ=風、プクリポ=光、ドワーフ=闇のダメージを2%軽減

(1)装備品
装備画面などで防具等を選んでYボタンを押していくと見られる説明欄で、耐性があるかどうかが確認できます。
防具そのものに耐性がある場合(例:魔法の鎧は呪文ダメージを5%軽減)もありますし、錬金の効果で耐性を付けることも可能です。

(2)補助呪文・補助特技
フバーハを使えばブレス系のダメージを1回につき20%軽減できます。(2回まで使用可能)
心頭滅却を使えば自分のブレス系のダメージ40%軽減できます。(フバーハ2回分)
魔結界・マジックバリアを使えば自分の呪文ダメージを1回につき20%軽減できます。(2回まで使用可能)

(3)料理
料理を食べると30分のあいだ効果が付与されます。例えば「ファイアタルト★★」は炎属性ダメージを14%軽減します。

(4)達人のオーブ
達人のオーブに、例えば「鉄壁のブレス耐性」の宝珠を付ければ、宝珠レベルに応じてブレスダメージが1〜5%軽減できます。

ダメージの計算方法

耐性を持っている場合、ダメージは以下のように計算されます。

ダメージ=本来受けるダメージ×(1−耐性)

例:ダメージ60のメラミを受けた場合、炎に対して30%の耐性を持っていれば
受けるダメージは60×(1−0.3)=42ダメージ

※10%の炎耐性防具と20%の種族耐性がある場合などは、合計で30%になります

但し複数の方法で耐性を持っている場合はもう少し複雑です。
例えばメラミの呪文は炎属性でもあり、呪文という攻撃方法でもあります。
そのため、炎耐性と呪文耐性を両方持っている場合は、両方が掛け算されます(足し算ではない)。

ダメージ=本来受けるダメージ×(1−属性耐性)×(1−攻撃方法耐性)

例:ダメージ60のメラミを受けた場合、炎耐性20%と呪文耐性10%を持っていれば
受けるダメージは60×(1−0.2)×(1−0.1)=43.2 →43ダメージ

※耐性計算において、計算結果の端数は切捨てです

ちなみに属性耐性が100%を越えると、ダメージを一切受けなくなります。 例えば炎攻撃に対して水の羽衣セット(60%)+盾に炎耐性20%+竜のお守り(25%)なら合計の炎耐性が100%を越えますので、 炎攻撃で全くダメージを受けなくなります。

 

ドラクエ1 | ドラクエ2 | ドラクエ3 | ドラクエ4 | ドラクエ5 | ドラクエ6 | ドラクエ7 | ドラクエ8 | ドラクエ9 | ドラクエ10 | ドラクエ11 | ドラクエ10ブログ