ドラクエ10極限攻略データベース

独自研究:ためる・テンションアップの効果、確率、ダメージ

各種ダメージ計算の法則などを紹介。独自に算出したものですので間違っている可能性もあります。
攻撃ダメージ / 呪文ダメージ / その他の特技 / 120スキル / 130スキル / 仲間モンスター特技 / テンション

スポンサーリンク

「ためる」「テンションアップ」の効果と確率

テンションアップは、ダメージを与えるほとんどの攻撃・特技・呪文・回復の威力を増幅します。
テンションは、武闘家の「ためる」「ためる弐」や、旅芸人の「ボケ」、他人からの「おうえん」、バトルマスターの必殺「テンションブースト」などで上げることができます。 但し「ためる弐」「テンションブースト」以外の方法では、テンションが必ず上がるとは限りません。現在のテンションに応じて下記のように成功率が変わります。

テンション成功率効果
0→5100%ダメージ×1.5倍+ボーナス×1倍
5→2080%ダメージ×2.0倍+ボーナス×2倍
20→5060%ダメージ×2.5倍+ボーナス×3倍
50→10025%ダメージ×3.5倍+ボーナス×4倍
※テンション上昇の成功率は、武闘家の場合に限り100%→100%→75%→50%になります。
※「ボーナス」の数字は、ためるを使った人のレベル÷5(端数切捨)+1、但し最大は10です。
例えばLv43の人なら、43÷5=8.6→端数を切り捨てて8、8+1=9がボーナスになります。Lv50以上では10になります。

「スーパーハイテンション

テンションが100になると、体が赤くなり「スーパーハイテンション」という状態になります。 この時、本人にかかっている全ての状態異常が消え、受けるダメージが0.8倍に減ります。 テンションを消費する行動を1回するか、30秒経つと効果は消えます。

 

ドラクエ1 | ドラクエ2 | ドラクエ3 | ドラクエ4 | ドラクエ5 | ドラクエ6 | ドラクエ7 | ドラクエ8 | ドラクエ9 | ドラクエ10 | ドラクエ11 | ドラクエ10ブログ