ドラクエ10運営の中央銀行としての役割



スポンサーリンク

しもふりミートに関する広場での質疑応答

バージョン4.4でしもふりミートが試練の門でドロップしなくなり、しもふりミートの価格が数十倍に高騰しています。

冒険者の広場で、こんなやり取りがありました。

質問

要約すると「しもふりミートが試練でドロップしなくなったため高騰してしまい、料理も高騰してしまった。しもふりミートの入手経路を追加してほしい」というところです。

質問に対する回答

要約すると

「しもふりミートは試練で過剰に供給されていたので、本来あるべき価格に戻すべく試練でのドロップをやめた」

「しもふりミートが必要以上に高騰することは望んでいないので、必要に応じて入手経路を追加する」

となっています。

 

よかった、無事に解決ですね!

 

 

違います

 

この発言の後でバザーを確認したら、しもふりミートが史上最高値になってました。

スポンサーリンク

ドラクエ10における中央銀行は運営である

例えば日本の株価は中央銀行である日本銀行の総裁・黒田東彦さんの発言ひとつで大きく変わります。アメリカの株価はアメリカの中央銀行総裁を選ぶ権利があるトランプ大統領がツイッターで一言呟くだけで数兆円規模の利益や損失をもたらします。

実際に金融政策を行わなくても、「こういう金融政策を考えてます」と発言するだけで、株価が大きく動くのです。

同様に、ドラクエ10においては、運営のトップである安西ディレクターが中央銀行の総裁と同じ力を持っていると考えられます。

スポンサーリンク

今回の安西ディレクターの発言を読み解く

今回の安西ディレクターの発言は、私たちにどのように見えるでしょうか。区切って見ていきましょう。

1.「こうしたアイテムは価格を一定期間観察の上、必要に応じて依頼書報酬などに追加します。」

一定期間観察すると書いてしまったので、少なくともバージョン4.5までは現状のままであることが窺えてしまいます。そうなれば具体的な施策が発表されるのは2月末のDQXTVなので、転売勢は焦ることなく今後も価格を釣りあげていくことが可能です。

2.「必要に応じて依頼書報酬などに追加します」

この一文は、運営側が適切なしもふりミートの排出手段を見いだせていないか、アストルティアの経済を理解していないことを窺わせます。

何故なら、依頼書の報酬などという面倒な方法ではそれほど量産はされず、価格は大して変わらないと考えられるからです。そもそも依頼書は、依頼書を探すという面倒な作業を含めて時給換算すると全く儲からないですし、他の高額アイテムや夢のアクセサリー箱など競合が多いので、しもふりミートを追加したって急にしもふりミートの依頼書に人気が出る状態ではないのです。さらに言えば、依頼書を売る側もしもふりミートの金額から逆算して依頼書の値段を高めに付けるので、しもふりミートを狩る側の利益はそんなに大きくないです。むしろ逆に、依頼書でしもふりミートが量産されて価格がバランスするなら、依頼書金策勢がターゲットを別の素材からしもふりミートに切り替えることを意味するので、現在依頼書のおかげで価格がバランスしている別の素材が高騰してしまうことになります。

そんな依頼書報酬というのを解決策の一番手に挙げているので、おかしいなと思うのです。

※なお需要も供給も量が少ないアイテムでは、依頼書実装でも効果はあります。

3.「それでも足りなければ既存のモンスターのレアドロップに追加したり、キラキラに追加するなど随時対応していきます。」

「それでも足りなければ」とは「バージョン4.5の施策でも足りなければ」という意味なので、こちらはバージョン5.0以降の話になります。バージョン4.5から5.0までは通常以上に期間が空くので、2019年夏以降の話となるでしょう。

実際のところは次のバージョンを待たなくても、しもふりミートをパクレ警部のクエスト報酬でばらまくとかスライムレースの報酬にするなど、調整方法はいくらでもあります。しかし今回安西ディレクターが挙げた調整方法は、バージョンアップ時に行うものばかりでした。具体的なしもふりミートの価格調整手段は言わない方が、転売勢にプレッシャーをかけて在庫を放出させることができたでしょう。

さらに言えば、既存のモンスターのレアドロップに追加するのもあまり意味がないのですが、これは話が長くなるので次の項に回します。

スポンサーリンク

この発言でしもふりミートの価格はどうなったか

この発言の日、しもふりミートが史上最高値となりました。それまで最高で10000Gだったのが、一気に13000G台となり、定着してしまっています。

 

今回の安西ディレクターの発言は、「しもふりミートは当分高騰のままだな」と思われる発言になってしまいました。

おそらく発言の意図としては「急に変えることはないので安心してください」ということなのだと思いますが・・・。

買い占めに起因する高騰は、このような「市場との対話」を上手に使うことで解決するケースもあります。

スポンサーリンク

どのような解決策が良いか?

真っ先に考えてしまいがちなのが、新モンスターのドロップアイテムです。バージョン4.5の新モンスターの通ドロにしもふりミート、レアドロに新素材を入れれば、そのモンスターが乱獲されてしもふりミートの価格は下がるでしょう。

しかしそれでは、また価格が最低値の200Gまで下がるうえに、バージョン5.0になったら過疎ってまた高騰してしまいます。

ではレアドロをしもふりミートにすればいいかというと、それも違います。

しもふりミートが新モンスターのレアドロになったら、最初は他のレアドロ狩りをしていた人がしもふりミート狩りに移行するかもしれません。しかし量産の結果しもふりミートが安くなると、レアドロ金策勢はしもふりミート狩りをやめて再び元のレア素材狩りに戻ります。そこで量産が止まり、価格はそれ以上下がらなくなるわけです。

現在狩りの対象になるボーダーラインは、変動はありますが、通ドロが2000G、レアドロが13000G近辺です。しもふりミートが10000Gを切ったら、よほど狩りやすい敵でない限り、狩る人は激減するでしょう。

さて肝心の解決方法ですが、1つだけ挙げるなら試練から廃止するよりもドロップ率を下げる方が良かったです。この調整ならサイレントで行えるので、転売勢に品薄を気づかれることなく価格を調整できるメリットもあるのです。

他にも方法はありますし、他に発生している問題もありますが、僕がここに書くことでバザーに影響を与えたり、運営さんの操作に影響を与えてしまう可能性があるので、あんまり書かないでおきます。高騰してみんなが困っているのはしもふりミートだけではありません。現在アストルティアに忍び寄っているインフレ危機の根本的な原因を読み取って、解決してくれることを願っています。


スポンサーリンク

コメント

  1. モンスのレア泥をしもふりミートにすればいいって割と的を射てると思います
    現在レア泥として存在しているのにこの値段なんであって、200Gまで落ちるとは到底思えない
    そこで「ドロ率」や「狩りやすさ」を調整すれば数千G程度で安定しそう

  2. 正直この辺の話は料理の値段ちょっと上がったなと感じるくらいしか関係ないからよくわからんのだが、現状でもレアドロで落とす雑魚いるんだろ?高騰したならなんでみんな狩らんの?

  3. 職人素材は生産で使う事を前提に買うから買ったら半年以上バザーに出せないようにすればいいのにな
    転売屋にとって売り時に売れないってのは相当なダメージだろ
    業者対策とかしてるんなら転売屋も同時に潰してほしいよ

  4. 適切ではないが、オンラインゲームの醍醐味かなと。

  5. しもふり狩りをしていてこの値段なのと
    結局宵闇のジェルとしもふりのレア泥狩りで効率がいいのは宵闇になるから
    時給下げてしもふり金策する人はいないんだよな

  6. これって転売屋が関係してるの?
    転売目的でしもふり仕込んでたやつってそんなにいるのかな?

  7. 転売をするのは悪いことなのかな?
    もしそれで稼いだお金をRMTに使うなら許されないのはわかるけど
    どうしてもインフレ抑えたいならいっそバザーで取られるお金を
    5%から10%に上げるのがいいとおもいますよ
    それで短期的な転売屋も難しくなりますしね

  8. 東大経済卒とは思えない推察です。
    運営はインフレを目指しているのでしょう。
    今回の霜降りミートの件では、運営の「料理価格が安い」との発言や、以前のトマトの対応、料理職人からの不満などなどから明らかにインフレ志向が推察できます。
    こういった点への言及がない考察は説得力に欠けます。

  9. 霜降ミートの用途、実際にはステーキとオムレツくらいでしょう。ティアの実態経済にはあまり影響しないのでは?

  10. 霜降りが高いなら、料理職人になって料理作りまくればよいし
    ベビードスでも狩りにいけばよい
    他の人が言っているように宵闇ジェルの方が金策効率が良いなら
    一万三千だろうと高いともいえない
    結局運営に相場の操作を期待するような人達こそ
    相場動かす側からすればカモでしかない

  11. しもふりミートを高止まりさせたいなら、NPC売り価格を高く設定すれば良いだけ。

  12. げんませきに相当するものがやっと調理の素材に登場した
    それくらいの感覚ではありますが…
    しかし職人依頼報酬のGを見るに、運営の希望する単価よりは
    高くなってしまっていると感じます

  13. 武器鍛冶の素材価格変動は今回の霜降りの比じゃないから。
    ギルド依頼なんかいつも赤字ですよ。
    レベル上げの費用と割り切るしかない。

  14. 「職人納品を毎日コツコツやれば儲かるよう調整した」と言いつつ「しもふりミートの高騰は静観」と。ちょっと矛盾してるかな?という印象。
    すでに赤字になる納品が出てきてるし、儲からないなら発言が嘘になるけど…。
    同じ問題として、裁縫のやわらかウールもあるけど、ミートの影に隠れて話題にならないw

  15. バザーだけ市場経済でその他が統制経済だからダメなんじゃないかな

  16. <今回の霜降りミートの件では、運営の「料理価格が安い」との発言や、以前のトマトの対応、料理職人からの不満などなどから明らかにインフレ志向が推察できます。

    このゴミは何を言ってんの?
    まず自分の無能さを自覚しろ、この役立たずが

  17. 運営はレアドロップの価格を戻すと表現し、ユーザは高騰していると言う。この感覚のズレが全て。

  18. しもふりミートの高騰に本気で困ってる人っているの?

  19. やわらかウールも非常に高騰してきています。しもふりミートと同じですねこれも…

  20. 店売り6000Gで追加して上限を設定するのが簡単で問題も発生しにくいと思う。

  21. しもふりミートってプレイしてて
    1度も使った事ないんだけど……
    いつもバザーにすら流さず 直で売ってた

    なければないでプレイできるんだから無問題
    逆に新規プレイヤーの金策とかになるし
    今のママでいいんじゃまいか?
    レベル上げやボス攻略の時の料理の素材だろ

  22. 「供給が追い付かなくなって値上がりした」のはそもそもインフレとは言わなくない?
    システムから引き出されるゴールドの総量が増えたわけでも、それによって1ゴールドあたりの価値が落ちたわけでもないよね。
    ユーザー同士がやりとりするゴールドの量が変わったというだけ。
    職人の納品が赤になったのはアホとしか思わないけど・・

  23. 今回の問題は値段云々では無い気がしますね。
    値段は運営が自由に想定して絞ったり好きにして
    もらっていいです。それに対しては何も言うことはない。
    ただ今回は試練素材を出なくし、職人依頼調整、この2つを同時に行ったバージョンというのが問題。
    職人依頼は少しづつでも儲かるように調整しましたと発言していますが、軒並み試練素材を使う依頼は赤字です。
    (調理、しんり装備など)
    元々の想定が甘すぎて赤字になったか最悪そっちは何にも考えてないか。後者は調整したと発言していたのでないと思うが
    結果としてそう思われても仕方ない糞調整。
    なのにあの公式返答はありえませんね。

  24. 大昔、アトラスやベリアルコインが高すぎて金策してない人は強化できない事ありましたよね。
    その時、生放送でコイン価格6万Gで店売り販売したと思います。
    しもふりミートも店売り販売して調整する方針なのかと思いますけどね

  25. しもふりが高くてもそのぶんアクロバーガー等
    商品のバザーの値段上げればいいわけで
    この件の問題は「職人依頼納品」でしょう?
    ver4.4にて毎日コツコツ納品すれば儲かるように報酬が調整されたのですが、アクロバーガーなんか納品したらマイナスになります
    運営はしもふりをいくらと想定して納品報酬を設定したのかが気になります

  26. >なければないでプレイできるんだから無問題

    そもそもそれを言い出したら
    殆どすべてのアイテムは「なければないでいい」もの
    今回は自分にあまり関係ないアイテムだから無問題とか言ってるだけやろ
    無責任かつ無思慮な発言やな