ドラクエ10極限攻略ブログ

ドラクエ10攻略まとめブログ!初心者からやりこみ人まで対応!攻略、金策、装備、スキルなど

*

バト入りスコルパイドを試してきた!

   

 - ボス攻略

【お知らせ】ドラクエ10バージョン4.4まとめはこちら!

火力重視の構成。Lv1スコルパイドから使えますが、一度の失敗が大きく響くので、よく死んでしまうPTでは採用は難しいです。

バト入りスコルパイドの特徴

今回試した構成は、まも・まも・バト・賢者です。

これまでLv1ではまも・まも・魔戦・賢者が流行していました。魔戦のフォースブレイクとダークネスショットで光属性を250%まで弱点にして、高速で倒す戦術です。

Lv2ではまも・まも・道具・賢者が多くなりました。敵の耐性とフォースブレイクの効きにくさが上がったため、討伐速度を捨てて磁界シールドやプラズマリムーバーで耐えながら戦います。


そしてLv3では火力不足から、道具使いをバトルマスターに変えるまも・まも・バト・賢者の構成が出てきています。

この構成の意図はもちろん火力アップです。HPリンクがないとあらゆる攻撃を耐えられないのでまもの使い2人が入り、きせきの雨要員で賢者も入ります。

バト入りスコルパイドのやり方

まもの1-バト、まもの2-賢者でHPリンクします。

※間違えて両方バトにリンクって書いてたので訂正

バトは二刀流片手剣で、すてみしてからどんどん攻撃。これが主力となります。

まもの使いはバイキルトをかける手段がないので、武刃将軍のゆびわの自動バイシオン頼みになります。行動するごとにバイシオンがかかる可能性があるので、通常攻撃でもいいのでどんどん攻撃。せかいじゅのしずくを撒くのも広義の攻撃に含まれることになります。

バトはなるべく攻撃の手を止めないよう、範囲攻撃が来たらまも2人が避けます。というか前衛が3人もいると、あらかじめ逃げ方を決めておかないと巻き込まれます。最悪でもバトとリンクしている人がバトと一緒に被弾しないよう、バトとリンクした人の動きが重要になります。攻撃力低い方の人がバトとリンクしたらいいかも。

まもの使いは、一度死ぬとバイキルトが切れるのが非常に痛いです。ダメージ蓄積の面では、一度の失敗が重くのしかかる構成であると言えます。

熱波さえくらわなければHPリンクは消えないので、後は一撃必殺系をすべて避ければ死因はほとんどなくなります。文字に書くのは簡単ですが。笑

やがてザオトーン・アビスが来ます。雷は慣れてくると結構避けられるようになりますが、避けると敵から離れることになり攻撃がおろそかになります。ここはせかいじゅのしずくで雷のダメージを相殺したらだいぶ安定しました。

雷が8秒ごとに3か所にくるので、みんなが同じ列にいればおよそ24秒ごとに雷を踏むことになります。それに合わせてまもの使いの片方がしずくを使っていけば、後は普段のザオトーンと同じ感じで戦えました。

Lv3スコルパイドの最適構成は?

Lv3スコルパイドにこの構成が最善かというと、パーティによるという答えになりそう。まも・まも・道具・賢者やまも・まも・占い・賢者で倒した例もあり、どれか1つの構成ではないとダメということはなさそう。今でもレギルラッゾの最適構成が1つに絞られていないように、もしかしたらスコルパイドもいろんな職がいけるボスになるかもしれませんね!



ドラゴンクエストXランキング

関連記事


みんなのコメント
  • ドラクエ10大好きさん より: 2018/10/26(金) 14:30

    いろんな職でいけても、そもそもついていけるプレイヤーが少なくなってるという罠
    ハイエンドバトルはそれでいいと思うけどね
    問題はそれ以外の大多数のプレイヤーが熱中できるコンテンツが提供できるかどうか
    まさか延々1だけやってろってわけにもいかんでしょう


  • ドラクエ10大好きさん より: 2018/10/26(金) 14:39

    雷ダメージは雷100にすれば防げますか?
    どこにも記載がないので、賢者の装備の最適解が分かりません


  • ドラクエ10大好きさん より: 2018/10/26(金) 15:13

    リンク先が両方バトになってます


  • ドラクエ10大好きさん より: 2018/10/26(金) 16:10

    バイキルショ…


  • ドラクエ10大好きさん より: 2018/10/26(金) 18:23

    バトの左手はハンマーが主流だと思うのですが。


  • ドラクエ10大好きさん より: 2018/10/27(土) 22:07

    踊り、魔戦、賢者、僧侶がじわじわ人気出てるようです
    運営の方がこっそり漏らした公式構成らしいですが


コメントを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください