ドラクエ10極限攻略データベース

ドラクエ10 職業まとめ

ドラクエ10攻略 > 職業と転職 > 職業システム

職業まとめ:目次

基本職と追加職について

ドラクエ10の世界には6つの基本職と12の追加職があります。基本職はゲームスタート時に選べ、転職解禁(後述)後にはいつでも転職可能。追加職は特定のクエストをクリアすると転職可能となり、レベルアップに必要な経験値がやや多めになっています。

各職業ごとの解説

各職業ごとの特徴、ステータス、育成、装備、スキル等は下記のリンクをご覧ください。

基本職

追加職

参考:スキル一覧

ドラクエ10における職業とは

  • ドラクエ10では、職業はいつでも好きな時に変更ができます。 1キャラにつき1つの職業を選ぶという感じではなく、 プレイヤーが目的に合わせてその都度転職して、適切な職業で冒険に出る、という形になります。
  • 職業レベルは職業ごとに別々になっているため、戦士のレベルをたくさん上げたから魔法使いが強くなるといったことは基本的にありません。
  • 但し例外的に、各職業の固有スキルには「常時さいだいHP+40」などのスキル(通称パッシブスキル)があり、 これを取ることで全ての職業のステータスをアップさせることができます。 各職業をLv50まで上げれば全ての「常時+○○」のスキルを取ることができます。
  • また武器スキルについても、同じ武器を装備できる職業なら、スキルも共有できます。例えば両手剣は戦士とバトルマスターが装備できますが、 戦士のスキルポイントで両手剣スキルを取ればバトルマスターに転職した際も両手剣スキルを使用可能です。
  • 以上のような理由で、使わない職業もある程度レベルを上げて、スキルポイントを稼いでおくと、他の職業を間接的にパワーアップさせることができます。

転職の仕組み

Lv20以上になると受けられるようになるクエストNo.34「ダーマの試練」をクリアすれば、各地の酒場にあるダーマ神殿出張所でいつでも転職が可能になります。 なお一度就いた職に再度復帰した時は、前回と同じレベル・経験値からの再スタートになりますので、転職によるデメリットはありません。
ポイント 例えば僧侶がレベル20の時に戦士に転職すると、レベル1の戦士となります。戦士の状態で経験値を得ると戦士としてのレベルが上がっていきます。 その後で戦士から僧侶に転職すると、再びレベル20の僧侶となります。

参考:スキルシステム

職業クエスト

各職業でLv30を超えると職業専用クエストを受けられます。 職業クエストをクリアすると、必殺技を修得したり、証アイテムを入手できます。




ドラクエ10極限攻略データベース